ゲームをする人におすすめのゲームがサクサク動くスマホを紹介[2024年版]

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホお得!

こんにちは。近年のスマホゲームはグラフィックに力を入れている作品も増えているので、重いゲームがだんだんと増えていってきています。

なのでゲームをより快適に遊ぶためには処理能力が高い高性能なスマホや、ゲームに特化したスマホが必要になります。

そこで今回はゲームをする人におすすめのゲームがサクサク動くスマホを紹介したいと思います。

目次

ゲーム用におすすめのスマホは?

結論から申し上げますとゲーム用におすすめのスマホはハイエンドスマホゲーミングスマホになります。

理由としてはスマホでゲームをするには処理能力がとても大事な要素になってくるからです。

処理能力が低いスマホでもある程度はゲームをすることができますが、高画質などの最高設定でゲームを快適にするには処理能力が必ず必要になります。

また中設定くらいでゲームをすることを考えても、2,3年など長くつかうつもりがあれば余裕をもったスペックを持っておけば今後リリースされるかもしれない高品質なゲームにそなえることができます。

以上のことからゲームをする方は処理能力がとても高いハイエンドスマホゲーミングスマホがおすすめになるというわけになります。

ゲーミングスマホとはゲーム性能に特化したハードウェアやソフトウェアを備えたスマホのことを指します。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
ゲーミングスマホとはいらないのか?特徴とメリット・デメリット-普段使いができるかと選び方を解説 こんにちは。皆さんは「ゲーミングスマホ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? なんとなく名前の通りゲームに特化していそうというイメージがあるかと思います。...

ハイエンドスマホとは各メーカーが出している高性能なモデルのスマホのことを指します。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのハイエンドスマホは本当にいらないのか?ハイエンドスマホを選ぶ必要性を紹介 こんにちは。スマホには様々な機種や種類が有りますが高性能なモデルのスマホにはハイエンドスマホがあります。 名前からして高性能そうなモデルになりますが,それは果...

二つのスマホの違いとして処理能力だけでなくソフトウェアの面でもゲームをより快適に行うことができる機能がゲーミングスマホには備わっています。

なのでゲームをより楽しみたい方はゲーミングスマホがおすすめですが、防水防塵、おサイフケータイなどに対応していないことも多いので普段使いを重視する方であればハイエンドスマホを購入することをおすすめします。

ゲームをする方のスマホの選び方

ここではゲームをする方のスマホ選びで見ておきたい性能を紹介したいと思います。

SoC

RAM,ROMの容量

ディスプレイの性能

カメラ性能

バッテリー容量

対応バンド

防水防塵

おサイフケータイの対応

スマホの性能で見ておきたいものは上記のようにたくさんありますが、ここでは主にゲームにおいて重要な要素となってくるSoCRAM,ROM性能ディスプレイの性能 について詳しく見ていきたいと思います。

ほかの詳しい性能の説明について知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
初心者でも分かるスマホを選ぶときに知っておきたいスマホのスペックの見方を詳しく解説 こんにちは。今ではスマホの選択肢はとても多く,何を重視して選ぶか迷うと思います。 ただ値段が安い,みんな使っているから同じものをという考えでスマホを購入してしま...

SoC

スマホを快適に使えるかどうかはSoCの性能が握っていると言っても過言ではありません。

SoCとはSystem on Chip(システムオンチップ)の略称でスマホの動作に必要なCPUやGPU,通信モデムなどスマホの動作に必要なものが含まれているチップのことです。

SoCの性能が低いと動作がカクついたり,読み込みにとても時間がかかるようになったりします。

スマホのスペックに関して記載される際は単純にCPUと表記されていることがあります。

SoCについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのSoCとは?スマホに搭載されている主なSoCとおすすめのSoCの選び方を紹介 こんにちは。スマホにはCPUなどのチップが搭載されているSoCという性能に関わる重要なパーツが備わっています。 SoCとはどのようなもので,どのような種類のものがあるの...

RAM,ROMの容量

RAMとはRandom Access Memory(ランダムアクセスメモリ)の略称で一時的にデータを置いておく場所で、処理に必要な分データなどの書き込みが行われます。

ROMは、Read Only Memory(リードオンリーメモリ)の略称でスマホの用語においてはデータを保存する領域つまりストレージのことを指します。

RAMは容量が多いほど読み書きなどの性能が上がり動作が快適になります。

個人的には最低でもAndroid端末では8GB以上のものを選ぶことをおすすめします。それ以下の容量になっていくと動作に影響が出てくると思います。

またRAMにはLPDDRという規格があり新しいものであれば読み書きが速くなります。ですので,選ぶことができる際は新しいものを選びましょう。

ROMつまりストレージの容量は使う人はかなり使うので,自分に合った容量を選びましょう。

またアプリや写真の容量はつねに増えていくので,なるべく余裕がある容量を選ぶことをおすすめします。

ROMにはUFSという規格があり新しいものであれば読み書きが速くなります。ですので,選ぶことができる際は新しいものを選びましょう。

メモリ、ストレージについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのメモリ(RAM)・ストレージ(ROM)とは?性能における影響と足りない時の対処法を解説 こんにちは。スマホのスペックを見ているときにメモリ,ストレージというものを見たことがあるかと思います。 しかし,同じ単位を使っているのでどのような違いや性能の見...

ディスプレイ性能

ゲームをするときに重要となるディスプレイ性能はリフレッシュレートタッチサンプリングレートになります。

リフレッシュレートとは簡単に説明しますと秒間何回画面を表示を変更することができるかという数値のことです。

例えば1秒間に60回更新される場合は60Hz(単位:Hz)となります。機種によって違いはありますが一般的なスマホのリフレッシュレートは60Hzですが、高性能な機種になると90,120Hz以上のものもあります。

リフレッシュレートが高くなるとより滑らかな操作感でスマホを使うことができます。

リフレッシュレートについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
[初心者向け]スマホのリフレッシュレート についてとメリットデメリットについて こんにちは。皆さんはスマホを使っていて画面がガクガクした経験があるかもしれません。それはリフレッシュレートというものが関係しているかもしれません。 今回はスマ...

タッチサンプリングレートとは画面のタッチを検出する感度の高さを示す指標です。(単位はHz)

例えばタッチサンプリングレートが240Hzのスマートフォンがあるとしたら1秒の間に240回タッチを検出しているということになります。

数値が高ければ高いほどスマホのタップを検出している回数が増えていきます。

最近のスマホはおおよそ120,240Hzのタッチサンプリングレートのものが多いです。ゲーミングスマホなどはより高いものもあります。

タッチサンプリングレートが高いと指の追従性が向上してより快適にスマホを使うことができます。

タッチサンプリングレートについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
[初心者向け]スマホのタッチサンプリングレートの解説と必要性はあるのかについて解説 こんにちは。スマホを選んでいるときにスペックを気にして見ている人は多いかと思います。 その時にスマホのスペックを判断する大事な指標の一つとしてタッチサンプリン...

その他性能

スクロールできます
カメラ性能 画素数だけでなく、センサーや画像処理能力を総合的に判断しましょう。

→より詳しく知りたい方はこちら
バッテリー容量 バッテリーサイズ(~mAh)を確認しましょう。
対応バンド 自分の使っているキャリアにあったバンドに対応しているか確認しましょう。

→より詳しく知りたい方はこちら
防水防塵 防水防塵性能の規格(IP~)を確認しましょう。

→より詳しく知りたい方はこちら
おサイフケータイの・NFC対応NFC決済・おサイフケータイに対応しているか確認しましょう。

ゲーム用におすすめのスマホ-ゲーミングスマホ

REDMAGIC 9 Pro

おすすめポイント
  • Snapdragon 8 Gen 3を搭載
  • フラットディスプレイに画面下インカメラ、カメラ部分もフラットなのでゲームに集中できる
  • 6,500mAhの大容量バッテリー
  • 常時960Hz、最大2000Hzのとても高いタッチサンプリングレート

REDMAGIC 9 Proは中国のスマホメーカーNubiaの最新モデルのゲーミングスマホです。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 3を搭載しておりゲーミングスマホらしくゲームに必要なCPUやGPUの性能など基本的な性能はとても高いものになっております。

また放熱機構を備えており,さらに内蔵ファンも搭載していてゲーム中の発熱を抑えることができます。

6.8インチの有機ELフラットディスプレイを搭載していて120Hzのリフレッシュレートに対応しています。

さらにタッチサンプリングレートはなんと常時960Hz、最大2000Hzもの数値があり、ゲームなどでの応答性が高められています。

6,500mAhのバッテリーを搭載し最大80Wの急速充電に対応しているので長時間のゲームも難なく行うことができます。

OSはAndroidベースのREDMAGIC OS 9.0が搭載されています。

価格は109,800円からで、側面にショルダートリガーも搭載されているので重いゲームを長時間スマホでする方におすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Red Magic 9 Pro
SoCSnapdragon 8 Gen 3
OSREDMAGIC OS 9.0(Android 14)
ディスプレイ6.8インチ, 有機EL
解像度2480×1116
ppi399
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート960Hz
瞬間最大2,000Hz
ストレージRAM:12 / 16GB (LPDDR5X)
ROM:256 / 512GB(UFS 4.0)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,OIS
50MP 超広角カメラ
2MP カメラ
トリプルカメラ
前面カメラ
16MP,アンダーディスプレイカメラ
バッテリー容量6,500mAh
充電有線最大80W
重量229g
サイズ163.98mm×76.35mm×8.9mm
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B3/B5/B8/ B18/B19/B26/B28
4Gバンド
TD-LTE
B34/41/42
5Gバンドn1/n3/n28/n38/n41/n77/n78
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵・耐衝撃性IP68
NFC対応
おサイフケータイ非対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックあり
SDカード非対応
カラーバリエーションSleet、 Snowfall、Cyclone
素材金属、ガラス
公式サイト
created by Rinker
REDMAGIC
¥150,800 (2024/05/21 18:23:29時点 Amazon調べ-詳細)

ASUS ROG Phone 7 (Ultimate)

おすすめポイント
  • Snapdragon 8 Gen 2を搭載
  • ゲームのための強力なソフト、ハードウェア機能を搭載
  • 6,000mAhの大容量バッテリー
  • 165Hzの高リフレッシュレートに720Hzの高いタッチサンプリングレート

Rog Phone 7 はASUSから販売されている最新モデルのゲーミングスマホです。

ディスプレイは最大165Hzのリフレッシュレートに対応しています。

長時間のバッテリー駆動を実現するために,バッテリーは6,000mAhもの超大容量バッテリーを搭載しており,最大65Wの高速充電に対応しています。

さらにバイパス充電というゲームなどをする際に充電を停止して発熱を抑える機能を搭載しています。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されておりCPU性能面でも高い性能を発揮することができます。

カメラ性能は5,000万画素の広角カメラ,1,300万画素の超広角カメラ,500万画素のマクロカメラのトリプルカメラ構成になっています。

またIP54の防水防塵に画面内指紋認証,顔認証に対応しており普段使いも問題なく使うことができます。

スピーカーの音質も良く,ゲームだけでなく様々なコンテンツを楽しむことができます。

ゲームをする方にはもちろんおすすめですが、性能が高くスペックも高いので普段使いもサクサクこなすことができます。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)ROG Phone 7
SoCSnapdragon 8 Gen 2
OSROG UI(Android 13ベース)
ディスプレイ6.78インチ, 有機EL
Corning Gorilla Glass Victus
解像度1,080×2,448(FHD+)
リフレッシュレート165Hz
タッチサンプリングレート720Hz
ppi395
ストレージRAM:12 / 16GB:LPDDR5X
ROM:256 / 512GB:UFS4.0
カメラアウトカメラ
50MP 広角カメラ,F値1.9
13MP 超広角カメラ,F値2.2
5MP マクロカメラ,F値2.0
トリプルカメラ
前面カメラ:ベゼル
32MP,F値2.4
バッテリー容量6,000mAh
充電有線最大65W
重量239 g
サイズ
高さ×幅×厚さ
173mm×77mm× 10.3mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25
/B26/B28/B32/B66
4Gバンド
TD-LTE
B34/B38/B39/B40/B41/B42/B43/B48
5Gバンドn1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n18/n20/n25/n26/n28/n38/n40
/n41/n48/n66/n77/n78/n79
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP54
生体認証指紋認証・顔認証
スピーカーデュアルフロントスピーカー
イヤホンジャックあり
カラーバリエーションストームホワイト,ファントムブラック
created by Rinker
¥123,260 (2024/05/21 07:38:53時点 楽天市場調べ-詳細)

また上位モデルにROG Phone 7 Ultimateがあります。こちらの方が突き詰めればスペックが高いのですが、現在公式サイトでは品切れになってしまっています。

ゲーム用におすすめのスマホ-ハイエンドスマホ

Samsung Galaxy S23 Ultra

おすすめポイント
  • Snapdragon 8 Gen 2を搭載
  • ゲームだけでなくトータルバランスがすべて高水準

Galaxy S23 UltraはSamsung製のGalaxyシリーズのハイエンドモデルのスマホになります。

バッテリーは5,000mAhに最大45Wの急速充電,ワイヤレス充電にも対応しているのでバッテリー持ちが良く快適に使うことができます。

6.8インチの有機ELディスプレイで1~120Hzの可変リフレッシュレートに対応しており,ディスプレイも見やすいだけでなくバッテリー持ちにも貢献しています。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されておりCPU性能面でも高い性能を発揮することができます。

バッテリー,SoC性能だけでなくカメラ性能も2億画素,F値1.7の広角メインカメラにF値2.2の1,200万画素の超広角カメラ,1,000万画素のそれぞれF値4.9と2.4の二つの望遠カメラ合計4つのクアッドカメラ搭載しており,カメラ性能もとても高いです。

Sペンにも対応しておりSペンは本体に格納されているのでメモなどをすぐに簡単に取ることができ便利なものになります。

防水防塵,おサイフケータイに画面内指紋認証,顔認証にも対応しておりますので普段使いもしっかりとこなせます。

スピーカーの性能はハイエンドスマホに漏れず高音質で音の広がりが良いスピーカーを搭載しています。

基本スペックが高いので、なんでもできるハイエンドスマホが欲しい方におすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Galaxy S23 Ultra
SoCQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSOne UI (Android 13ベース)
ディスプレイ6.8インチ, 有機EL
Corning Gorilla Glass Victus 2
解像度1,440×3,088(QHD+)
リフレッシュレート1-120Hz(LTPO)
ppi501
ストレージRAM:12GB:LPDDR5X
ROM:256 / 512GB / 1TB:UFS4.0
カメラアウトカメラ
200MP メインカメラ,F値1.7
12MP 超広角カメラ,F値2.2
10MP 望遠カメラ,F値2.4(光学3倍)
10MP 望遠カメラ,F値4.9(光学10倍)
クアッドカメラ
前面カメラ:パンチホール
12MP,F値2.2
バッテリー容量5,000mAh
充電有線最大45W,ワイヤレス充電最大15W
重量234g
サイズ
高さ×幅×厚さ
163.4㎜ x 78.1㎜ x 8.9㎜
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B18/B19/B20/B21
/B26/B28/B66
4Gバンド
TD-LTE
B38/B39/B40/B41/B42
5Gバンド(ミリ波)n1/n3/n5/n28/n41/n77/n78/n79/(n257)
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP68
生体認証指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
カラーバリエーションクリーム,ファントムブラック,グリーン
価格約19.5万円~

国内版もありますが海外版だと比較的お安く買うことができます。ですがすこし国内版と違うところもありますので注意が必要です。

created by Rinker
¥166,900 (2024/05/21 12:25:42時点 楽天市場調べ-詳細)

海外版のGalaxyを買う際の注意点はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
Samsung Galaxyシリーズのスマホのグローバル版を購入するメリットデメリットを紹介 こんにちは。国内でもそれなりに販売されているGalaxyですが国内で販売されているものだけでなく海外向けに作られたいわゆるグローバル版のような海外専売のものもあり...

Xperia 1 V

おすすめポイント
  • Snapdragon 8 Gen 2を搭載
  • ゲームに集中できるゲームエンハンサー機能搭載

Xperia 1 Vはソニーの最上位ハイエンドスマホです。

SoCは Snapdragon 8 Gen 2を搭載していて,カメラもカールツァイスレンズ製の3眼に世界初の2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサーExmor T for mobile(エクスモアティーフォーモバイル),可変式望遠レンズを搭載しておりカメラ性能もとても高いものになります。

ディスプレイは有機ELの4Kの解像度に120Hzにも対応しているので鮮やかなで滑らかなディスプレイを楽しむことができます。

5,000mAhのバッテリーにワイヤレス充電にも対応しているのでバッテリー関連も快適に使うことができます。

側面指紋認証やIP68の防水防塵,おサイフケータイにも対応しているので普段使いも問題なくこなすことができます。

スピーカーの性能もしっかりとこだわっておりクリアでくっきりとしたサウンドをきくことができます。またAI技術による高音質化もされており、より高音質を楽しむことができます。

さらに高性能DAC・アンプ搭載を搭載していている3.5mイヤホンジャックも装備されています。

BluetoothコーデックもLDAC,aptX Adaptiveに対応しています。

最近の他社のフラッグシップスマホと比べること比較的高価ですがとても性能の高いスマホになっております。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Xperia 1 Ⅴ
SoCQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSAndroid 13
ディスプレイ6.5インチ, 有機EL
解像度4K
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート
ppi
ストレージRAM:12 / 16GB
ROM:256 / 512GB
カメラアウトカメラ
48MP メインカメラ,F値1.9,Exmor T for mobile
12MP 超広角カメラ,F値2.2
12MP 望遠カメラ,F値2.3-2.8
デュアルカメラ
前面カメラ:ベゼル
12MP,F値2.0
バッテリー容量5,000mAh
充電有線,ワイヤレス充電対応
重量約187g
サイズ
高さ×幅×厚さ
約165mm×71mm×8.3mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド(SIMフリー)B1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42, 66
5Gバンド(SIMフリー)n1, n3, n5, n28, n41, n77, n78, n79
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP68
NFC対応
おサイフケータイ対応
生体認証側面指紋認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックあり
カラーバリエーション(SIMフリー)ブラック、プラチナシルバー、カーキーグリーン
created by Rinker
¥171,465 (2024/05/21 04:32:36時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

今回はゲームをする人におすすめのゲームがサクサク動くスマホを紹介しました。

こちらを参考にぜひ自分に合ったゲームスマホを見つけてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次