[中華スマホ]Snapdragon 8s Gen 3を搭載している比較的価格の安い海外版スマホを紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホがお得!

こんにちは。おるが@allwaysgad96418です。

国内版のスマホにはありませんが、海外のスマホのSnapdragon 8s Gen 3を搭載しているスマホは高性能ながらコスパの高いスマホがたくさんあります。

そこで今回はSnapdragon 8s Gen 3を搭載している比較的価格の安い海外版スマホを紹介したいと思います。

Snapdragon 8 Gen 3のスマホについて知りたい方はこちらもご覧ください。
あわせて読みたい
[中華スマホ]Snapdragon 8 Gen 3を搭載している比較的価格の安い海外版スマホを紹介 こんにちは。ハイエンドSoCのSnapdragon 8 Gen 3を搭載しているスマホはまだ日本ではほとんど見かけることはありません。 ですが,海外版スマホにまで目を向けると比較的...

ここで紹介するスマホは海外版のものでスマホに知識がある方向けのものなので、もしわからないことがあれば知識をつけてからの購入をおすすめします。

海外版スマホを使うときにおすすめの格安SIMが知りたい方はこちらをご覧ください!
あわせて読みたい
海外版のスマホをつかうときにおすすめの格安SIMを紹介-格安SIMの選び方も紹介[ソフトバンク回線がおす... 海外版のスマホは対応バンドの関係などでどの回線を使えばよいか迷う事があると思います。 結論から言うとソフトバンク回線がおすすめになります。 そこで今回は海外版...
目次

Snapdragon 8s Gen 3について

Snapdragon 8s Gen 3は、Snapdragon 8 Gen 3の廉価版という位置付けのSoCで、TSMCの4nmプロセスで製造されたハイスペックなCPUとGPUなどを搭載しているSoCになります。

CPUにはQualcomm Kryoが搭載されています。最大3GHzのCortex-X4を始め4つのパフォーマンス用コアに3つの効率用コアと異なるコアが組み合わされており,それぞれのコアが最適化されています。GPUはAdrenoが搭載されています。

Snapdragon 8s Gen 3は、Snapdragon 8 Gen 3よりもパフォーマンスコアが1つ少なくなっており、クロック周波数もやや低く設定されています。

ですが、GPU、NPU性能はほぼ同等と公表されており、CPUも十分高性能なものとなっています。

海外版スマホについて

スマホは国内で販売されているものも多くありますが,当然ですが海外でもスマホは販売されています。

その関係もあってスマホは基本的に販売されている国や地域によって仕様を変えて販売しています。日本で販売されていないスマホ全般のことを海外版スマホと言います。

そのうち,日本で販売されていない広い地域での使用を想定されたスマホ全般を主にグローバル版のスマホといいます。

そのほかによく見る海外のスマホとして日本版のようにその国内や地域が絞られているなかでの使用を想定された仕様のスマホに大陸(中国)版,インド版などがあります。

Snapdragon 8s Gen 3搭載スマホ

iQOO Z9 Turbo

おすすめポイント
  • Snapdragon 8s Gen 3搭載で高性能
  • 6,000mAhバッテリー搭載
  • 発表時の価格は12GB+256GBで1999元(約4.3万円)~

中国のスマホメーカーVivoのサブブランドであるiQOOは中国向けにiQOOシリーズのiQOO Z9 Turboをリリースしています。

6.78インチの有機EL,リフレッシュレート最大144Hzのディスプレイを搭載しディスプレイ性能も高いスマホになります。本体重量は約194gとなります。

カメラ構成は、50MP OIS LYT-600メインカメラ+8MP超広角カメラのデュアルカメラを搭載しております。

画面内指紋認証,顔認証に対応しております。バッテリ容量は6,000mAhで充電は最大80Wの高速な速さの充電速度となっております。

OSはAndroid 14ベースのOriginOS 4が搭載されています。

発売時の価格は1999元(約4.3万円)となっており,中国版のみの販売となりますがコスパの高いハイエンドスマホを探しているスマホ上級者の方におすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)iQOO Z9 Turbo
SoCSnapdragon 8s gen3
OSOriginOS 4(Android 14)
ディスプレイ6.78インチ, 有機ELディスプレイ
解像度2800×1260
ppi
リフレッシュレート144Hz
タッチサンプリングレートゲーム時最大2,000Hz
ストレージRAM:12 / 16GB (LPDDR5X)
ROM:256 / 512GB (UFS 4.0)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,LYT-600,OIS,F値1.79
8MP 超広角カメラ,F値2.2
デュアルカメラ

前面カメラ
16MP,F値2.45
バッテリー容量6,000mAh
充電有線最大80W
重量194.9g
サイズ163.72mm×75.88mm×7.98mm
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B3/B5/B8/B28A
4Gバンド
TD-LTE
B34/B38/B39/B40/B41
5Gバンドn1/n5/n8/n28A/n41/n77/n78
BluetoothBluetooth 5.4
防水防塵IP64
NFC対応
おサイフケータイ非対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード非対応
カラーバリエーション山野青、星芒白、 曜夜黑
公式サイト

realme GT 6

おすすめポイント
  • Snapdragon 8s Gen 3搭載で高性能
  • 6,000mAhバッテリー搭載、最大120W充電
  • 発表時の価格は12GB+256GBで₹40,999(約7.8万円)~

中国のスマホメーカーrealmeはグローバル向けにrealme GT 6リリースしています。

6.78インチの有機EL,リフレッシュレート最大120Hz最大輝度6000nitのディスプレイを搭載しディスプレイ性能も高いスマホになります。本体重量は約191gとなります。

カメラは約5,000万画素のメインカメラ,約800万画素の超広角カメラ,約5,000万画素の望遠カメラのトリプルカメラを搭載しています。

画面内指紋認証,顔認証に対応しています。またIP65の防水防塵対応しております。バッテリ容量は5,500mAhで充電は最大120Wの高速な速さの充電速度となっております。

OSはAndroid14ベースのrealme UI 5.0が搭載されています。

発売時の価格は8GB+256GBで₹40,999(約7.8万円)~性能をかんがえると比較的安価に購入できるため、コスパ高めの中華スマホを探している方におすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)realme GT 6
SoCSnapdragon 8s gen3
OSrealme UI 5.0(Android 14)
ディスプレイ6.78インチ, 有機ELディスプレイ
解像度2780×1264
ppi
リフレッシュレート1-120Hz LTPO
タッチサンプリングレート瞬間最大2500Hz
ストレージRAM:12 / 16GB (LPDDR5X)
ROM:256 / 512GB (UFS 4.0)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,LYT-808,OIS,F値1.69
8MP 超広角カメラ,IMX355,F値2.2
50MP 望遠カメラ,Samsung S5KJN5,F値2.0
(光学2倍)
トリプルカメラ

前面カメラ
32MP,IMX615,パンチホール,F値2.45
バッテリー容量5,500mAh
充電有線最大120W
重量199g
サイズ162mm×75.1mm×8.65mm
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B66
4Gバンド
TD-LTE
B38/B39/B40/B41
5Gバンドn1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/77/78
BluetoothBluetooth 5.4
防水防塵IP65
NFC対応
おサイフケータイ非対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード非対応
カラーバリエーションFluid Silver、Razor Green
公式サイト

Xiaomi Civi 4 Pro (Xiaomi 14 CiVi)

おすすめポイント
  • Snapdragon 8s Gen 3搭載で高性能
  • Leica監修トリプルカメラ搭載
  • 発表時の価格は12GB+256GBで2999元(約6.2万円)~

中国のスマホメーカーXiaomiは中国向けにXiaomi Civi 4 Pro(グローバル版:Xiaomi 14 CiVi)をリリースしています。

6.55インチの有機EL,リフレッシュレート最大120Hzのディスプレイを搭載しディスプレイ性能も高いスマホになります。

カメラは、Leica監修カメラで、 約5,000万画素のLight Hunter 800のメインカメラ,約1,200万画素の超広角カメラ,約5,000万画素ポートレートカメラのトリプルカメラを搭載しています。

また、インカメラはデュアルカメラ構成になっています。

画面内指紋認証,顔認証に対応していますバッテリ容量は4,700mAhで充電は最大67Wに対応しています。

OSはAndroidベースのXiaomi Hyper OSが搭載されています。発売時の価格は中国版の12GB+256GBで2999元(約6.2万円)~となっています。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Xiaomi CIVI 4 Pro
SoCSnapdragon 8s gen3
OSXiaomi Hyper OS
ディスプレイ6.55インチ, 有機ELディスプレイ
解像度2750×1236
ppi
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート240Hz
ストレージRAM:12 / 16GB (LPDDR5X)
ROM:256 / 512GB (UFS 4.0)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,光影猎人800,OIS,F値1.63
12MP 超広角カメラ,F値2.2
50MP ポートレートカメラ,F値1.98
トリプルカメラ

前面カメラ
32MP,F値2.0
32MP 超広角カメラ,F値2.4
バッテリー容量4,700mAh
充電有線最大67W
重量柔雾粉、微风蓝、星空黑179.3g;春野绿177.6g;限量定制色180.9g
サイズ157.2mm×72.77mm×7.45mm(春野绿7.75mm;限量定制色7.75mm)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B3/B4/B5/B8/B18/B19/B26/B28a/B66
4Gバンド
TD-LTE
B34/ B38/B39 /B40/B41/B42/B48
5Gバンドn1/n3/n5/n8/n28a /n38/n40/n41/n48/n66/n77/n78
BluetoothBluetooth 5.4
防水防塵
NFC対応
おサイフケータイ非対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード非対応
カラーバリエーション柔雾粉、星空黑、微风蓝、春野绿
黑与白(限量定制色)、粉色(限量定制色)、蓝色(限量定制色)
公式サイト

motorola edge 50 ultra

おすすめポイント
  • Snapdragon 8s Gen 3搭載で高性能
  • 最大125Wの高速充電

中国のスマホメーカーmotorola はグローバル向けにmotorola edge 50 ultraをリリースしています。

6.7インチの有機EL,リフレッシュレート最大144Hz、タッチサンプリングレート最大360Hzのディスプレイを搭載しディスプレイ性能も高いスマホになります。

カメラは約5,000万画素のメインカメラ,約5,000万画素の超広角カメラ,約6,400万画素の望遠カメラのトリプルカメラを搭載しています。

画面内指紋認証,顔認証に対応しております。バッテリー容量は4,500mAhで充電は最大125Wの高速な速さの充電速度となっております。

OSはAndroidベースのAndroid 14が搭載されています。

スペック表(グローバル版)
スクロールできます
性能(抜粋)motorola edge 50 ultra
SoCSnapdragon 8s Gen 3
OSAndroid 14
ディスプレイ6.7インチ, 有機EL
解像度2712 x 1220
ppi446
リフレッシュレート144Hz
タッチサンプリングレート360Hz
ストレージRAM:16GB(LPDDR5X)
ROM:1TB(UFS 4.0)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,F値1.6
50MP 超広角カメラ,F値2.0
64MP 望遠カメラ,F値2.4(光学ズーム3倍)
トリプルカメラ
前面カメラ
50MP,F値1.9 パンチホール
バッテリー容量4,500mAh
充電有線最大125W
重量約197g
サイズ161.09 mm× 72.38mm× 8.59mm
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax/be
4Gバンド
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/38/39/40/41/42/43/66
5Gバンドn1/2/3/5/7/8/20/26/28/38/40/41/66/71/75/77/78 
BluetoothBluetooth 5.4
防水防塵・耐衝撃性IP68
NFC対応
おサイフケータイ非対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード
カラーバリエーションフォレストグレー – ヴィーガンレザー、ノルディックウッド、ピーチファズ – ビーガンレザー
公式サイト

海外版スマホの選び方

海外版のスマホ選びではスペックを確認することがとても大事になってきます。

そこでスマホのスペックで見ておきたい要素を紹介したいと思います。

SoC

RAM,ROMの容量

ディスプレイの性能

カメラ性能

バッテリー容量

対応バンド

技適マーク

防水防塵

おサイフケータイの対応

特に性能に直結するSoC,RAM・ROMの性能については最低限しっかりと確認しましょう。

特に海外版スマホの比較的安いものの中には、SoCなどの性能が著しく低いものがそれなりにあります。

それはお世辞にも良いスマホとは言えずただただ低性能で使いにくく、ストレスの溜まるスマホとなってしまいます。

ですので、価格だけでなく性能(特にSoCは)もしっかりと確認しましょう。

SoC

スマホを快適に使えるかどうかはSoCの性能が握っていると言っても過言ではありません。

SoCとはSystem on Chip(システムオンチップ)の略称でスマホの動作に必要なCPUやGPU,通信モデムなどスマホの動作に必要なものが含まれているチップのことです。

SoCの性能が低いと動作がカクついたり,読み込みにとても時間がかかるようになったりします。

スマホのスペックに関して記載される際は単純にCPUなどと表記されていることがあります。

SoCの見方は様々ありますが、型番を確認して調べて選ぶことをおすすめします。

SoCについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのSoCとは?スマホに搭載されている主なSoCとおすすめのSoCの選び方を紹介 こんにちは。スマホにはCPUなどのチップが搭載されているSoCという性能に関わる重要なパーツが備わっています。 SoCとはどのようなもので,どのような種類のものがあるの...

RAM,ROMの容量

RAMとはRandom Access Memory(ランダムアクセスメモリ)の略称で一時的にデータを置いておく場所で、処理に必要な分データなどの書き込みが行われます。

ROMは、Read Only Memory(リードオンリーメモリ)の略称でスマホの用語においてはデータを保存する領域つまりストレージのことを指します。

RAMは容量が多いほど読み書きなどの性能が上がり動作が快適になります。

個人的には最低でもAndroid端末では8GB以上のものを選ぶことをおすすめします。それ以下の容量になっていくと動作に影響が出てくると思います。

またRAMにはLPDDRという規格があり新しいものであれば読み書きが速くなります。ですので、なるべく新しいLPDDRの規格に対応したスマホを選びましょう。

ROMつまりストレージの容量は使う人はかなり使うので,自分に合った容量を選びましょう。

またアプリや写真の容量はつねに増えていくので,なるべく余裕がある容量を選ぶことをおすすめします。

ROMにはUFSという規格があり新しいものであれば読み書きが速くなります。ですので、なるべく新しいUFSの規格に対応したスマホを選びましょう。

メモリ、ストレージについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのメモリ(RAM)・ストレージ(ROM)とは?性能における影響と足りない時の対処法を解説 こんにちは。スマホのスペックを見ているときにメモリ,ストレージというものを見たことがあるかと思います。 しかし,同じ単位を使っているのでどのような違いや性能の見...

そのほかの性能

スクロールできます
ディスプレイの性能 画面サイズや解像度、リフレッシュレートなどを確認しましょう。

→より詳しく知りたい方はこちら
カメラ性能 画素数だけでなく、センサーや画像処理能力を総合的に判断しましょう。

→より詳しく知りたい方はこちら
バッテリー容量 バッテリーサイズ(~mAh)を確認しましょう。
対応バンド 自分の使っているキャリアにあったバンドに対応しているか確認しましょう。

→より詳しく知りたい方はこちら
技適マーク技適マークの有無を確認しましょう。
防水防塵 防水防塵性能の規格(IP~)を確認しましょう。

→より詳しく知りたい方はこちら
おサイフケータイ・NFC対応NFC決済・おサイフケータイに対応しているか確認しましょう。(海外版は基本的におサイフケータイ×)

→海外版でのスマホ決済をより詳しく知りたい方はこちら

まとめ

海外版スマホを使うときにおすすめの格安SIMが知りたい方はこちらをご覧ください!
あわせて読みたい
海外版のスマホをつかうときにおすすめの格安SIMを紹介-格安SIMの選び方も紹介[ソフトバンク回線がおす... 海外版のスマホは対応バンドの関係などでどの回線を使えばよいか迷う事があると思います。 結論から言うとソフトバンク回線がおすすめになります。 そこで今回は海外版...

これを参考により良いSnapdragon 8s Gen 3搭載スマホを購入しましょう!

その他Snapdragonシリーズのスマホについても紹介していますので、きになる方はこちらもご覧ください。
あわせて読みたい
[中華スマホ]Snapdragon 8 Gen 3を搭載している比較的価格の安い海外版スマホを紹介 こんにちは。ハイエンドSoCのSnapdragon 8 Gen 3を搭載しているスマホはまだ日本ではほとんど見かけることはありません。 ですが,海外版スマホにまで目を向けると比較的...

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次