海外版のスマホをつかうときにおすすめな格安SIMの選び方を紹介[ソフトバンク回線がおすすめ!]

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

海外版のスマホは対応バンドの関係などでどの回線を使えばよいか迷う事があると思います。

結論から言うとソフトバンク回線がおすすめになります。

そこで今回は海外版のスマホをつかうときにおすすめな格安SIMの選び方を紹介したいと思います。

目次

海外版スマホについて

スマホは国内で販売されているものも多くありますが,当然ですが海外でもスマホは販売されています。

その関係もあってスマホは基本的に販売されている国や地域によって仕様を変えて販売しています。日本で販売されていないスマホ全般のことを海外版スマホと言います。

そのうち,日本で販売されていない広い地域での使用を想定されたスマホ全般を主にグローバル版のスマホといいます。

そのほかによく見る海外のスマホとして日本版のようにその国内や地域が絞られているなかでの使用を想定された仕様のスマホに大陸(中国)版,インド版などがあります。

購入する際はどこで販売されているスマホかしっかりと確認しましょう

海外スマホのメリットデメリットについてはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
国内未発売の海外版スマホの種類とメリットとデメリットを解説[グローバル版スマホ] こんにちは。たまに日本で見慣れないような不思議なスマホを使っている人を見たことがあるかもしれません。 もしかしたらそれは海外で販売されているグローバル版若しく...

バンドについて

スマホの対応バンドとはスマホが使うことのできる電波の周波数帯(バンド)域です。

通信の電波は各キャリアが出していますが通信の混線を防ぐために各キャリアによって対応しているバンドが異なっています。

スマホがバンドに対応していないとSIMを入れてもモバイルデータ通信でインターネット通信ができません。

ですので、スマホと回線契約を別々で行う海外版のスマホを購入する際にはしっかりとバンドを確認する必要があります。

スクロールできます
docomoauソフトバンク楽天モバイル
4GバントB1319、21、28、42B13、11、1826、41、42、B138、11、28、42B31826
5Gバントn78、n79、n257n28、n77、n78、n257n28、n77、n78、n257n77、n257
キャリア回線の主要バンド

ソフトバンク回線がおすすめの理由

ではなぜソフトバンク回線がおすすめなのでしょうか?これは対応バンドが関係しています。

データ通信をする上で大事な要素になってくるのが、プラチナバンドに対応しているかどうかになります。

プラチナバンドに対応していなければ通信できるエリアが狭くなってしまい、生活圏内でも通信ができないということが起きてしまうことがあります。

海外版のスマホはその地域に適したバンドに対応しているのですが、ソフトバンク回線の4Gプラチナバンドは上記の表の通りバンド8でありこれは海外でもそれなりに使われているバンドになり、ほとんどの海外モデルのスマホで対応しています。

逆にauやdocomoのプラチナバンドである18・26、19は世界的に使われている周波数帯ではないので比較的海外版スマホで使用されていることが少ないです。

また5G(Sub6)についてはソフトバンク回線はn77、n78なのでどちらの5G回線も海外版のスマホで対応していることが多いです。

ですのでたくさんの海外版スマホで対応していることが多く、プラチナバンドや5G回線をつかうことができるソフトバンク回線がおすすめということになります。

ソフトバンク回線以外ではどうか?

ではソフトバンク回線以外ではどうなのでしょうか?

近年の海外版スマホの対応バンドを確認してみるとdocomoのプラチナバンド19に対応していることもあります。

ですが5G回線についてはn78、n79が割り当てられており、n79は海外版スマホ特に大陸版のものでは対応していないことが多いです。

auのプラチナバンドと楽天回線は対応していないことがおおいので、海外版スマホを使うときにau・楽天回線はあまりおすすめではありません。

ですのでソフトバンク回線でなくても機種によってはdocomo回線であれば快適につかうことができることもあるのでどうしてもソフトバンク回線が使えないのであればdocomo回線の格安SIMをおすすめします。

まとめると最近の海外版スマホはグローバル版だけでなく大陸版なども割と幅広いキャリアに対応するようになってきましたが、海外版スマホをメインでつかうことを考えるとまだまだソフトバンク回線が安定してつかえると考えられます。

おすすめ格安SIM

ここではソフトバンク回線が使える格安SIMをいくつか紹介したいと思います。

LINEMO

おすすめポイント
  • ソフトバンクのオンライン専用ブランド
  • スマホプラン(20GB)が2,728円/月
  • LINEのデータ消費量ゼロ

LINEMOはソフトバンクキャリアのオンライン専用ブランドになります。プランは3GBのミニプランと20GBのスマホプランがあります。

LINEのトークや、音声通話・ビデオ通話のデータ消費量ゼロという特徴があります。ですので、LINEを外出中によく使う方におすすめの格安SIMになります。

手続きをすれば、PayPayの残高でも通信費の支払いに使うことができます。

スクロールできます
   格安SIM LINEMO
通信回線ソフトバンク
料金プラン・ミニプラン(3GB):990円/月
・スマホプラン(20GB):2,728円/月
通信速度(最大)10Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)・ミニプラン (3GB):300kbps
・スマホプラン(20GB):1Mbps
国内通話料22円/30秒
通話オプション通話準定額オプション(5分まで無料) +0円/月(8ヶ月目以降+500円/月)
通話定額オプション +1,100/月(8ヶ月目以降+1,650円/月)
追加データ購入金額1GB追加 +550
支払い方法口座振替・クレジットカード
公式サイトLINEMO

Y!mobile(ワイモバイル)

おすすめポイント
  • ソフトバンクのサブブランド
  • 実店舗の数が多い
  • 余ったデータは無料で自動的に翌月にくりこし

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクのサブブランドとして展開されているMVNOになります。

プランには4GB・20GB・30GBのものがあります。またデータ増量オプションでデータ容量を増やすこともできます。

デメリットとして割引を使って契約しないと他の格安SIMよりも通信費が高くなります。

ですので割引を駆使でき、実店舗で契約することを考えている方におすすめの格安SIMになります。

スクロールできます
格安SIMY!mobile(ワイモバイル)
通信回線ソフトバンク
料金プラン・シンプル2 S(4GB):2,365円/月
・シンプル2 M(20GB):4,015円/月
・シンプル2 L(30GB):5,115円/月
通信速度(最大)10Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)・シンプル2 S(4GB):300kbps
・シンプル2 M(20GB)、シンプル2 L(30GB):1Mbps
国内通話料22円/30秒
通話オプションだれとでも定額+(10分まで無料) +880円/月
スーパーだれとでも定額+1,980/月
追加データ購入金額500MB追加 +550円
データ増量オプション+550/月(シンプル2 S→6GB、シンプル2 M→25GB、シンプル2 L→35GB)
支払い方法口座振替・クレジットカード
公式サイトY!mobile

mineo(マイネオ)

mineo

おすすめポイント
  • データ容量で選ぶプランと通信速度から選ぶ無制限プランがある
  • フリータンクやパケットギフトなどデータ容量を共有することができる

mineo(マイネオ)は、関西電力グループの株式会社オプテージが提供する格安SIMです。

プランは2GB・5GB・10GB・20GBのプランと通信速度で選ぶことができるデータ無制限プランと幅広いプランから自分に合ったプランを選ぶことができます。

またソフトバンク回線以外にもdocomo・au回線からも選ぶことができます。

スクロールできます
格安SIMmineo
通信回線ソフトバンク・au・docomo
料金プランマイピタ
・2GB:1,298円/月
・5GB:1,518円/月
・10GB:1,958円/月
・20GB:2,178円/月

マイそく(データ無制限プラン)
・プレミアム(最大3Mbps):2,200円/月
・スタンダード(最大1.5Mbps):990円/月
・ライト最大(300kbps):660円/月
・スーパーライト(最大32kbps):250円/月
通信速度(最大)
通信速度(データ量超過後制限時)200kbps
国内通話料22円 / 30秒
通話オプション10分かけ放題 +550円/月
時間無制限かけ放題 +1,210/月
追加データ購入金額100MB追加+55円
パケット放題 Plus(最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題) +385円/月(10GBコース以上無料)
支払い方法口座振替(eo光ネット契約者のみ)・クレジットカード
公式サイトmineo

おすすめ格安SIMのまとめ

スクロールできます
格安SIMLINEMOワイモバイルマイネオ
通信回線ソフトバンクソフトバンクソフトバンク・au・docomo
料金プラン・ミニプラン(3GB):990円/月
・スマホプラン(20GB):2,728円/月
・シンプル2 S(4GB):2,365円/月
・シンプル2 M(20GB):4,015円/月
・シンプル2 L(30GB):5,115円/月
マイピタ
・2GB:1,298円/月
・5GB:1,518円/月
・10GB:1,958円/月
・20GB:2,178円/月

マイそく(データ無制限プラン)
・プレミアム(最大3Mbps):2,200円/月
・スタンダード(最大1.5Mbps):990円/月
・ライト最大(300kbps):660円/月
・スーパーライト(最大32kbps):250円/月
通信速度(最大)10Gbps10Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)・ミニプラン (3GB):300kbps
・スマホプラン(20GB):1Mbps
・シンプル2 S(4GB):300kbps
・シンプル2 M(20GB)、シンプル2 L(30GB):1Mbps
200kbps
国内通話料22円/30秒22円/30秒22円 / 30秒
通話オプション通話準定額オプション(5分まで無料) +0円/月(8ヶ月目以降+500円/月)
通話定額オプション +1,100/月(8ヶ月目以降+1,650円/月)
だれとでも定額+(10分まで無料) +880円/月
スーパーだれとでも定額+1,980/月
10分かけ放題 +550円/月
時間無制限かけ放題 +1,210/月
追加データ購入金額1GB追加 +550500MB追加 +550円
データ増量オプション+550/月(シンプル2 S→6GB、シンプル2 M→25GB、シンプル2 L→35GB)
100MB追加+55円
パケット放題 Plus(最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題) +385円/月(10GBコース以上無料)
支払い方法口座振替・クレジットカード口座振替・クレジットカード口座振替(eo光ネット契約者のみ)・クレジットカード
公式サイトLINEMOY!mobilemineo

まとめ

これを参考にお気に入りのソフトバンク回線の格安SIMを選びましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次