[Android]コスパの高いおすすめミドルレンジスマホ4選を紹介-2024年版

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホがお得!

こんにちは。最近の高性能な機種はとても高価な価格帯となりつつあります。

ですので,安い価格でそれなりの性能のスマホが欲しいと考える人もいるかと思います。

そこで今回は国内で手に入るおすすめのコスパの高いAndoroidスマートフォンを紹介していきたいと思います。

今回の紹介では比較的お手頃かつ性能がたかいミドルレンジのAndroidスマートフォンを中心に紹介したいと思います。

先にこの記事を読んでおくと解説がわかりやすくなると思います。

あわせて読みたい
初心者でも分かるスマホを選ぶときに知っておきたいスマホのスペックの見方を詳しく解説 こんにちは。今ではスマホの選択肢はとても多く,何を重視して選ぶか迷うと思います。 ただ値段が安い,みんな使っているから同じものをという考えでスマホを購入してしま...
目次

紹介するミドルレンジスマホについて

スマホが高くて困る人

ミドルレンジスマホとは明確な定義はありませんが,ハイエンドスマホ以下でローエンドスマホ以上の中間くらいの性能と価格を持ったスマホのことをいいます。

ここで紹介するミドルレンジスマホはベンチマークアプリのAnTuTuベンチマーク(ver10)でおおよそ500000~7,800000点ほどの性能を出しかつ40000~80000円ぐらいのスマホを主に紹介したいと思います。

ここではミドルレンジスマホでもある程度性能を犠牲にしすぎないスマホを紹介したいと思います。

スクロールできます
総合スコア(点)性能の目安
1,500,000~最高レベルの性能
1,000,000~1,500,000重いゲームやアプリの動作、他の動作も問題なし
700,000~1,000,000重いゲームやアプリの最高設定は厳しいが、他の動作は問題なし
500,000~700,000重いゲームやアプリも設定次第である程度はでき、他の動作は問題なし
300,000~500,000軽いゲームや普段使いに問題なし
150,000~300,000普段使いに支障が出るかも
~150,000動作に難あり
Antutu(ver10)の目安(参考

ベンチマークの測定方法などについて詳しくはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
iPhoneやAndroidスマホの性能を測るベンチマークソフトの紹介と測り方,注意点を紹介 こんにちは。現在使っているスマホの性能が気になったりしたことがあるかもしれません。 そこで今回は代表的なスマホの性能を測るベンチマークの方法を紹介したいと思い...

ミドルレンジスマホについて詳しくはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
[格安スマホ]スマホはミドルレンジで十分なのか?満足につかうことができるかを紹介 こんにちは。最近のスマホは高価になってきていますので比較的安いミドルレンジスマホを検討している人もいるかと思います。 ですが価格が安いミドルレンジスマホは性能...

Pixel 7a

おすすめポイント
  • Google Tensor G2搭載でそこそこ高性能
  • 防水防塵(IP68),おサイフケータイに画面内指紋認証,顔認証に対応
  • 価格は52,800円~

Pixel 7aは性能と価格のバランスがたかい個人的にミドルレンジスマホの中でも特におすすめのスマホになります。

SoCはGoogle独自開発のチップ「 Google Tensor G2」を搭載しており,これは上位モデルであるPixel 7 Proと同じSoCを搭載しています。

ですので,Antutuスコアは約78万点とそれなりにSoC性能が高く,高性能な機種になりますので動画視聴やSNSに軽いゲームなど普段使いもストレスなくこなすことができます。

さらに,90Hzディスプレイ,ワイヤレス充電,おサイフケータイ,画面内指紋認証顔認証,IP67の少し水につけるくらいなら大丈夫な防水性能など日常使いにあったら嬉しい機能もしっかりと搭載されています。

Android OSをリリースしているGoogle謹製スマホですので,OSのサポート期間も2023年5月の発売日からセキュリティアップデート5年,バージョンアップデート3年とサポート期間が長い事も魅力になります。

スペック表(抜粋)
スクロールできます
性能(抜粋)
SoCGoogle Tensor G2
OSAndroid 13
ディスプレイ6.1インチ, 有機ELディスプレイ
Gorilla Glass 3
解像度1,080×2,400px (フルHD+)20:9
リフレッシュレート90Hz
ストレージRAM:8GB
ROM:128GB,UFS3.1
カメラアウトカメラ
64MPQuad PD Quad Bayer 広角カメラ
,F値/1.89
13MPウルトラワイド カメラ,F値/2.2
デュアルカメラ
前面カメラ
13MP,F値/2.2
動画撮影背面カメラ
4K 動画撮影(30 FPS,60 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS,60 FPS)
前面カメラ
4K 動画撮影(30 FPS)
1080p 動画撮影(30 FPS)
バッテリー容量4,385mAh
充電18W充電, 7.5Wワイヤレス充電, PD3.0
重量194g
サイズ152 x 72.9 x 9mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/6e
4GバンドLTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12
/ 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 28 / 32 / 38 / 39
/ 40 / 41 / 42 / 66
5Gバンド5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12
/ 20 / 25 / 28 / 38 / 40 / 41 / 66 / 75 / 76 / 77
/ 78 / 79
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP67
生体認証画面内指紋認証,顔認証
カラーバリエーションCharcoal(薄紅色)
Sea(水色)
Snow(グレー)
Coral(ホワイト)
素材プラスチック
価格公式サイト,¥62,700

Pixel 7aの性能

created by Rinker
¥52,790 (2024/06/16 09:56:18時点 楽天市場調べ-詳細)

AQUOS sense8

おすすめポイント
  • MIL規格16項目に準拠
  • 防水防塵(IP68),おサイフケータイに画面内指紋認証,顔認証に対応
  • 価格は52,800円~

AQUOS sense8はSHARPのAQUOSシリーズのミドルレンジスマホになります。

SoCはSnapdragon 6 Gen 1 を搭載しておりAntutuスコアは約55万点とミドルレンジらしいSoC性能になりますので動画視聴やSNSに軽いゲームなど普段使いもストレスなくこなすことができます。

さらに,90Hzディスプレイ(疑似180Hz),おサイフケータイ,指紋認証・顔認証にIP68の防水・防塵性能など日常使いにあったら嬉しい機能もしっかりと搭載されています。

バッテリ容量は5,000mAhあり、使い方にもよりますが余裕で充電が1日持つバッテリー持ちが良いスマホになります。(ワイヤレス充電には非対応)

またカメラ性能の評判も良いのでカメラ性能の高いミドルレンジスマホを探している方にもおすすめのスマホになります。

OSのサポート期間は2023年11月の発売日からセキュリティアップデート5年,バージョンアップデート3年とサポート期間が長い事も魅力になります。

バランスの良く、コンパクトなミドルレンジスマホを探している方におすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
能(抜粋)AQUOS sense8
SoCQualcomm Snapdragon 6 Gen 1
1OSAndroid 13
ディスプレイ6.1インチ, 有機EL
解像度1,080×2,432(FHD+)
リフレッシュレート90Hz(疑似180Hz)
タッチサンプリングレート
ppi436
ストレージRAM:6GB (LPDDR4X)
ROM:128(UFS2.2)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,OIS,F値1.9
8MP 超広角カメラ,F値2.4
デュアルカメラ
前面カメラ:水滴
8MP,F値2.0
バッテリー容量5,000mAh
充電有線充電
重量約159g
サイズ
高さ×幅×厚さ
約153mm×約71mm×約8.4mm
通信802.11 a/b/g/n/ac
4Gバンド(SIMフリー)
FDD-LTE
B1 / B2 / B3 / B5 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B21 / B28
4Gバンド(SIMフリー)
TD-LTE
B38 / B41 / B42
5Gバンド(SIMフリー)n1 / n3 / n28 / n41 / n77 / n78 / n79
BluetoothBluetooth 5.1
防水防塵IP68
NFC対応
おサイフケータイ対応
生体認証側面指紋認証・顔認証
スピーカーモノラルスピーカー
イヤホンジャックあり
カラーバリエーションPale Green、Light Copper、Cobalt Black
価格約5.6万円~

Xiaomi Redmi Note 13 Pro+

おすすめポイント
  • 最大120Wの高速充電
  • Mediatek Dimensity 7200-Ultra搭載でそこそこ高性能
  • 1.5Kの高解像度なディスプレイ
  • 防水防塵(IP68),おサイフケータイに画面内指紋認証,顔認証に対応
  • 価格は59,800円~

Redmi Note 13 Pro+ 5GはXiaomiが販売するミドルレンジスマホになります。

SoCにはMediaTek Dimensity 7200-Ultraが搭載されておりこれはAnTuTuスコア(v.10)で約770,000点の性能をもったミドルハイエンドなSoCで、CPU性能面でそこそこ高い性能を発揮することができます。

6.67インチの有機EL,リフレッシュレート最大120Hzのディスプレイを搭載しディスプレイ性能も高いスマホになります。本体重量は約204.5gとなります。

カメラ構成は約2億画素の広角メインカメラ,約800万画素の超広角カメラ,約200万画素マクロカメラのトリプルカメラを搭載しています。

IP68防水防塵におサイフケータイにも対応しているので国内でも安心して使うことができます。画面内指紋認証,顔認証に対応しております。バッテリ容量は5,000mAhで充電は最大120Wの高速な速さの充電速度となっております。

OSはAndroidベースのXiaomi HyperOSが搭載されています。

コスパの高いスマホを選びたい方におすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Redmi Note 13 Pro+ 5G(国内版)
SoCDimensity 7200-Ultra
OSXiaomi HyperOS
ディスプレイ6.67インチ, 有機EL
解像度2712×1220
ppi446
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート2160Hz
ストレージRAM:8 / 12GB (LPDDR5)
ROM:256 / 512GB(UFS 3.1)
カメラアウトカメラ
200MP メインカメラ,1/1.4センサー,OIS,F値1.65
8MP 超広角カメラ,F値2.2
2MP マクロカメラ,F値2.4
トリプルカメラ
前面カメラ
16MP,F値2.4,パンチホール
バッテリー容量5,000mAh
充電有線最大120W
重量204.5g
サイズ161.4mm×74.2mm×8.9mm
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
4Gバンド
TD-LTE
B38/40/41
5Gバンドn1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵・耐衝撃性IP68
NFC対応
おサイフケータイ対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード
カラーバリエーションミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト、オーロラパープル
素材
公式サイト

レビューは下記から

あわせて読みたい
Redmi Note 13 Pro+ 5G レビュー!二億画素メインカメラ・120W高速充電搭載の高コスパスマホ! こんにちは。おるが@allwaysgad96418です。 先日日本でも販売が決まったRedmi Note 13 Pro+ 5Gを実費で入手しましたので、使い勝手をレビューしていきたいと思います。 ...
created by Rinker
¥59,800 (2024/06/16 07:32:56時点 楽天市場調べ-詳細)


Nothing Phone (2a)

おすすめポイント
  • Nothing OSGlyphインターフェースなど独自のデザインが取り込まれたスマホ
  • Mediatek Dimensity 7200 Pro搭載でそこそこ高性能
  • 防水防塵(IP54),おサイフケータイに画面内指紋認証,顔認証にも対応
  • 価格は49,800円~

Nothing Phone (2a)はロンドンを拠点とするデジタル製品企業Nothingのミドルレンジスマホになります。

SoCはMediatek Dimensity 7200 Pro搭載しており、Antutu(ver.10)スコアは公称値で741,999点となっています。

6.7インチの有機EL,FHD+のディスプレイにリフレッシュレート30-120HzのLTPOディスプレイを搭載しておりますので,リフレッシュレートを制御してくれて電池持ちも良くなります。

カメラは約5,000万画素のF値1.88広角メインカメラ,約5,000万画素のF値2.2超広角カメラのデュアルカメラを搭載しています。

IP54の防水・防塵,画面内指紋認証顔認証に対応しております。バッテリ容量は5,000mAhで充電は最大45Wとなっております。

OSはAndroidベースのNothing OS 2.0を採用しております。OSアップデートは3年,セキュリティーアップデートは4年の予定となっています。

デザインも他のスマホではなかなか見られないものになりますので,このようなデザインに惹かれ,気になった方は是非購入を検討してみましょう。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋) Nothing Phone (2a)
SoCMediaTek Dimensity 7200 Pro
OSNothing OS 2.5 (Android 14)
ディスプレイ6.7インチ, 有機EL
解像度1084 x 2412 
ppi394
リフレッシュレート30 – 120Hz
タッチサンプリングレート240 Hz
ストレージRAM:8 / 12GB
ROM:128 / 256GB
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,OIS,F値1.88
50MP 超広角カメラ,F値2.2
デュアルカメラ
前面カメラ
32MP,F値2.74 パンチホール
バッテリー容量5,000mAh
充電有線最大45W
重量190 g
サイズ161.74 mm×76.32 mm×8.55 mm
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4GバンドB1, 3, 4, 5, 7, 8, 18, 19, 20, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42, 66
5Gバンドn1, n3, n5, n7, n8, n20, n28, n38, n40, n41, n66, n77, n78
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵・耐衝撃性IP54
NFC対応
おサイフケータイ対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーデュアルスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード非対応
カラーバリエーションミルク、ブラック
素材
公式サイト

レビューはこちらから

created by Rinker
ナッシング(Nothing)
¥49,800 (2024/06/15 18:30:30時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回はおすすめミドルレンジスマホを紹介しました。

ここで紹介したスマホは国内版を中心に紹介しました。是非自分に合ったコスパの高いミドルレンジスマホを見つけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次