綺麗なディスプレイが楽しめる解像度が高いスマホ3選を紹介-[2024年版]

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。スマホの解像度は一昔前のものと比べてとてもきれいになっていると思います。

ですのでコンテンツを楽しむためにより高解像度なスマホが欲しい方も多いかと思います。

そこで今回はその最近のスマホの中でも特に解像度が高いスマホ3選を紹介したいと思います。

目次

スマホの解像度について

スマホのディスプレイで誰もが気にするものの一つに解像度があると思います。

解像度には主に画素数を基準にするものと、画素密度を基準にするものがあります。

画素数とは画面の中に敷き詰められたピクセル(ドット)の数で,この数が多いほどより細かい表示が可能になります。

例えば1920×1080と表記されているディスプレイがあれば縦方向に1920個、横方向に1080個のピクセルがあるということになります。

ちなみにピクセルの大きさはスマホの機種や、ディスプレイによって異なります

現在の主流はFHD(1920×1080),FHD+(2160×1080)で高解像度なものはWQHD(2560×1440),WQHD+(2880×1440)や中にはXperiaの4K(3840×2160)ディスプレイのスマホが存在します。

画素密度はppi(ピクセル パー インチ)と言い1インチ(2.54cm)あたりにピクセルがいくつ詰まっているかの密度をあらわしています。

例えば330ppiという表記があったとしたら1インチあたりの330のピクセルが詰まっているということになります。

よってppiが大きければ大きいほどピクセルが詰まっていてより鮮明なディスプレイだということになります。

画素密度についてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

スマホのスペックでは多くの場合画素数を基準として解像度が使われていることが多いので本記事では画素数を基準として解像度を扱いたいと思います。

解像感が高いスマホの選び方

まずはスマホを選ぶ上で大事な要素になるものを抜粋して紹介したいと思います。

SoC

RAM,ROMの容量

ディスプレイの性能

カメラ性能

バッテリー容量

対応バンド

防水防塵

おサイフケータイの対応

解像感が高いスマホを選ぶ上でディスプレイ性能が大事なのは大前提なのですが、それ以外にも高解像度でカクついたりしないでスムーズにコンテンツを楽しむためにはSoC RAM,ROMの容量 が大事になりますのでそれらも忘れずにしっかりと確認しましょう。

今回紹介するもの以外にも必要に応じて自分が欲しいと思う機能を確認しましょう。

ディスプレイ性能

解像度以外にもスマホのディスプレイには様々な性能の違いがあり、リフレッシュレート、タッチサンプリングレート、画面輝度など様々なものがあります。

解像度以外の主なディスプレイ性能についてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのディスプレイは解像度だけじゃない!スマホのディスプレイの種類に機能や性能を解説 こんにちは。最近のスマホにはディスプレイの綺麗さ、つまり解像度にとても力を入れている関係で小さい画面でもとても綺麗な画面が多いと思います。 ですが画面が綺麗な...

SoC

スマホを快適に使えるかどうかはSoCの性能が握っていると言っても過言ではありません。

SoCとはSystem on Chip(システムオンチップ)の略称でスマホの動作に必要なCPUやGPU,通信モデムなどスマホの動作に必要なものが含まれているチップのことです。

SoCの性能が低いと動作がカクついたり,読み込みにとても時間がかかるようになったりします。

スマホのスペックに関して記載される際は単純にCPUと表記されていることがあります。

SoCについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのSoCとは?スマホに搭載されている主なSoCとおすすめのSoCの選び方を紹介 こんにちは。スマホにはCPUなどのチップが搭載されているSoCという性能に関わる重要なパーツが備わっています。 SoCとはどのようなもので,どのような種類のものがあるの...

RAM,ROMの容量

RAMとはRandom Access Memory(ランダムアクセスメモリ)の略称で一時的にデータを置いておく場所で、処理に必要な分データなどの書き込みが行われます。

ROMは、Read Only Memory(リードオンリーメモリ)の略称でスマホの用語においてはデータを保存する領域つまりストレージのことを指します。

RAMは容量が多いほど読み書きなどの性能が上がり動作が快適になります。

個人的には最低でもAndroid端末では8GB以上のものを選ぶことをおすすめします。それ以下の容量になっていくと動作に影響が出てくると思います。

またRAMにはLPDDRという規格があり新しいものであれば読み書きが速くなります。ですので,選ぶことができる際は新しいものを選びましょう。

ROMつまりストレージの容量は使う人はかなり使うので,自分に合った容量を選びましょう。

またアプリや写真の容量はつねに増えていくので,なるべく余裕がある容量を選ぶことをおすすめします。

ROMにはUFSという規格があり新しいものであれば読み書きが速くなります。ですので,選ぶことができる際は新しいものを選びましょう。

メモリ、ストレージについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのメモリ(RAM)・ストレージ(ROM)とは?性能における影響と足りない時の対処法を解説 こんにちは。スマホのスペックを見ているときにメモリ,ストレージというものを見たことがあるかと思います。 しかし,同じ単位を使っているのでどのような違いや性能の見...

解像度が高いスマホ

Xperia 1 Ⅴ

おすすめポイント
  • 4Kの高解像度ディスプレイ
  • 世界初2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサーExmor T for mobile搭載
  • Snapdragon 8 Gen 2を搭載

Xperia 1 Vはソニーの最上位ハイエンドスマホです。

SoCは Snapdragon 8 Gen 2を搭載していて,カメラもカールツァイスレンズ製の3眼に世界初の2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサーExmor T for mobile(エクスモアティーフォーモバイル),可変式望遠レンズを搭載しておりカメラ性能もとても高いものになります。

ディスプレイは有機ELの4Kの高解像度にリフレッシュレート120Hzにも対応しているので鮮やかなで滑らかなディスプレイを楽しむことができます。

5,000mAhのバッテリーにワイヤレス充電にも対応しているのでバッテリー関連も快適に使うことができます。

側面指紋認証やIP68の防水防塵,おサイフケータイにも対応しているので普段使いも問題なくこなすことができます。

スピーカーの性能もしっかりとこだわっておりクリアでくっきりとしたサウンドをきくことができます。またAI技術による高音質化もされており、より高音質を楽しむことができます。

さらに高性能DAC・アンプ搭載を搭載していている3.5mイヤホンジャックも装備されています。

BluetoothコーデックもLDAC,aptX Adaptiveに対応しています。

最近の他社のフラッグシップスマホと比べること比較的高価ですがとても性能の高いスマホになっております。

created by Rinker
¥173,145 (2024/02/23 08:46:41時点 楽天市場調べ-詳細)

Galaxy S23 Ultra

おすすめポイント
  • 3088 x 1440 (Quad HD+)の高解像度ディスプレイ
  • Snapdragon 8 Gen 2を搭載
  • Sペン搭載
  • カメラ、バッテリー性能などトータルバランスがすべて高水準

Galaxy S23 UltraはSamsung製のGalaxyシリーズのハイエンドモデルのスマホになります。

バッテリーは5,000mAhに最大45Wの急速充電,ワイヤレス充電にも対応しているのでバッテリー持ちが良く快適に使うことができます。

6.8インチの3088 x 1440 (Quad HD+)有機ELディスプレイで1~120Hzの可変リフレッシュレートに対応しており,ディスプレイも高解像度で見やすいだけでなくLTPOディスプレイによってバッテリー持ちにも貢献しています。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されておりCPU性能面でも高い性能を発揮することができます。

バッテリー,SoC性能だけでなくカメラ性能も2億画素,F値1.7の広角メインカメラにF値2.2の1,200万画素の超広角カメラ,1,000万画素のそれぞれF値4.9と2.4の二つの望遠カメラ合計4つのクアッドカメラ搭載しており,カメラ性能もとても高いです。

Sペンにも対応しておりSペンは本体に格納されているのでメモなどをすぐに簡単に取ることができ便利なものになります。

防水防塵,おサイフケータイに画面内指紋認証,顔認証にも対応しておりますので普段使いもしっかりとこなせます。

スピーカーの性能はハイエンドスマホに漏れず高音質で音の広がりが良いスピーカーを搭載しています。

Google Pixel 8 Pro

おすすめポイント
  • 1,344 x 2,992の高解像度ディスプレイ
  • Google謹製スマホで7年間のアップデート提供
  • 温度が測定できる

Pixel 8 ProはGoogleが提供しているスマホになります。

SoCはGoogle独自開発のチップ「 Google Tensor G3」を搭載しております。Antutuスコアは約110万点とそれなりにSoC性能が高く,高性能な機種になりますので動画視聴やSNSに重くないゲームなど普段使いもストレスなくこなすことができます。

カメラは5,000万画素画素のメインカメラ、4,800万画素の超広角カメラ、4,800万画素の望遠カメラ合計3つのトリプルカメラ搭載しており、PixelらしくAI処理能力が高いので写りが良く、カメラ性能はとても高いです。

さらに,120HzのLTPOに1,344 x 2,992の高解像度ディスプレイ,ワイヤレス充電,おサイフケータイ,画面内指紋認証顔認証,IP67の防水防塵性能など日常使いにあったら嬉しい機能もしっかりと搭載されています。

またPixel 8 Proには温度を測定する機能があり、フライパンや飲み物などの温度を測定することができます。

Android OSをリリースしているGoogle謹製スマホですのでアップデートのサポート期間も2023年10月の発売日から7年間OS、セキュリティ、Feature Dropのアップデートが提供されるのでサポート期間が長い事も魅力になります。

created by Rinker
¥174,305 (2024/02/23 12:44:06時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

今回は解像度が高いスマホ3選を紹介しました。

高解像度なスマホではより動画やゲームなどのコンテンツを楽しむことができるので、この記事を参考にお気に入りの解像度が高いスマホを探しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次