Xiaomiの独自OS「MIUI」は使いにくいって本当?MIUI端末を使っている筆者の感想を交えて考える

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。XiaomiはAndroidのカスタムOSであるMIUIをリリースしています。

Xiaomiの端末が欲しいと思って調べていたらMIUIについてこのOSは使いにくいという噂を聞いたことがあるかもしれません。

そこで今回はこのOSは何故使いにくいと言われてしまうのかを考察していきたいと思います。

目次

なぜ使いにくいと言われているのか

MIUIで使いにくいと言われている主な原因だと思われるものを紹介したいと思います。

ゲームやアプリの最適化ができていない

MIUIは他社のカスタムOSと比較すると最適化がうまく行えてなく,ゲームなどのアプリが重くなる傾向があるといわれています。

ハイエンドなモデルであればあまり気にならないかもしれませんが,国内モデルで多いローエンドやミドルレンジのスマホであるとかなり気になってしまうかもしれません。

設定画面が分かりづらい

MIUIは細かな設定が多くできる反面,どこにどんな設定があるか少しわかりにくい傾向にあります。

似たような項目が多かったり設定したいのにできないものもあるのでわかりにくいというものはあると思います。

通知が設定をしっかりしないと動作しない

MIUIは設定をしないと通知が来ないというバグのようなものも多数報告されています。

また通知に関する設定もいくつかあってわかりにくいという面もあります。

自分はあまりこのバグには遭遇しませんでした。

重要な権限を選択するときに少し待たされる

MIUIは権限を選択するときに何秒か待たされることがあります。

誤タップを防止してくれる機能だと思いますが待たされる時間が長いのでなんかイラッと感じることがあります。

ROM焼きが必要(大陸版)

日本版の端末ではあまり関係がありませんが中国版のXiaomiのスマホは日本語に対応していません。

なのでそのまま使うことは難しくグローバル版を購入するか,頑張ってROM焼きをする必要が出てきてしまいます。

使った感想

筆者もMIUIの端末をいくつか使いましたが,たしかにほかのAndroidやカスタムOSに比べるとかなり癖が強いOSの一つだと思います。

設定のいじり方とかもほかの素のandroid端末と違ったりしていているので少しめんどい端末だと感じることもあります。

ですので,慣れてないと使いこなすのが難しいと感じました。

ただ,MIUIにしかない魅力もいくつかあり例えばどんなアプリでもクローンアプリをつくることができることです。

クローンアプリとは簡単に言ってしまうと一つのアプリで2つのデータやアカウントを使うことができる機能です。

AndroidベースのカスタムOSはだいたいクローンアプリが使えないか使えても決まったアプリでしか使えませんがMIUIはクローンアプリを作れるアプリに制限がないのが魅力です。

またカスタマイズもかなり自由がきいてショートカットなどの設定もそこそこに充実しているので,つかいこなすことができたら便利なOSだと思います。

現在自分はXiaomi 13 Proを使っていますがカメラ性能なども高くとても満足しているスマホだと思って使っています。

ただ前述の通りデメリットや設定が分かりづらい点などが悪目立ちしているので,使いにくいと感じる人が多いのかなと思います。

中華スマホのUIはなんか癖のあるものが多いので中華系のカスタムOSに慣れている人であれば好き嫌いはあれど意外と使いこなせんじゃないかなと考えています。

下記の記事でMIUIのおすすめ設定を紹介しているので,良ければぜひご覧ください。

あわせて読みたい
Xiaomiの独自OS「MIUI」を使うときのおすすめ設定と独自設定を紹介 こんにちは。Xiaomiの独自OSのMIUIはとても設定できることの幅が広いのですがどこにどのような設定があるのか分かりにくいという一面もあります。 そこで今回はXiaomi端...

おすすめMIUI端末

もしMIUI系のスマホを使ってみたいと考えてくれた方用にいまおすすめのMIUI端末を載せておきます。

途中でも記述した通りハイエンドモデルの端末であれば特有の最適化不足を感じることはほぼありませんのでハイエンドモデルを中心に紹介したいと思います。

  • Xiaomi 13 Ultra
  • Xiaomi 13 Pro
  • Xiaomi 13T Pro ←おすすめ

ただしここには海外のスマホも載せていますので注意点をしっかりと理解してから購入しましょう。

海外版のスマホについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
国内未発売の海外版スマホの種類とメリットとデメリットを解説[グローバル版スマホ] こんにちは。たまに日本で見慣れないような不思議なスマホを使っている人を見たことがあるかもしれません。 もしかしたらそれは海外で販売されているグローバル版若しく...

Xiaomi 13 ultra

Xiaomi 13 Ultraはクアッドカメラと1インチセンサーを搭載しライカカメラ社が監修しているスマホになります。

メインカメラにソニーの5000万画素のセンサーとなるIMX989を採用し,2段階の絞り機構を備えています。

そのほかのカメラはIMX 858を搭載した超広角,3.2倍望遠,5倍ペリスコープ望遠を搭載しており10倍ズームにおいても高い解像感を持ちます。

IMX 858はマルチカメラ連携システムを採用しメインカメラからサブカメラに切り替える際に発生する画角の変化や色の変化を抑えてより色味の変化がなく安定した撮影をすることが可能です。

カメラの性能だけでなくQualcomm Snapdragon 8 Gen 2を搭載されておりAnTuTuスコア(v.10)は約1,500,000点と性能面でもハイエンドスマホと言って文句ない高性能を発揮することができます。

2600nitsの明るさを放つディスプレイ,Bluetooth 5.3,Wi-Fi 6などその他のスペックもとても高いものになっておりとても性能の高いフラッグシップモデルになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)
SoCSnapdragon 8 Gen 2
OSMIUI 14 (Android 13ベース)
ディスプレイ6.73インチ, 有機ELディスプレイ
解像度1440×3200 (WQHD+) AMOLED
リフレッシュレート120Hz
ストレージRAM:16GB LPDDR5X
ROM:256GB / 512GB / 1TB UFS4.0
カメラアウトカメラ
50MP 広角カメラ,F値1.9 – F値4.0(二段階絞り)
50MP 超広角カメラ,F値/1.8
50MP 望遠カメラ,F値/1.8
50MP ペリスコープ望遠カメラ,F値/3.0
クアッドカメラ
OIS(光学手ぶれ補正)
前面カメラ
32MP
バッテリー容量5,000mAh
充電有線最大90W,ワイヤレス最大50W
重量約227g
サイズ163.17mm×74.97mm×9.06mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/6e
4GバンドLTE: 対応バンド B1/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17
/B18/B19/B26B34/B38/B39/B40/B41/B42
5Gバンド5G: n1/n3/n5/n8/n28a/n38/n40/n41/n77/n78/n79
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP68
生体認証画面内指紋認証・顔認証
カラーバリエーションブラック, ホワイト, オリーブグリーン
素材ガラス,革
価格約11.7万円~
created by Rinker
¥159,800 (2024/02/23 17:01:17時点 楽天市場調べ-詳細)

Xiaomi 13 Pro

Xiaomi 13 Proはultraと同じくIMX989の1インチセンサーを搭載しライカカメラ社が監修しているスマホになりカメラは三眼構成ととてもカメラ性能が高いスマホになります。

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 2を搭載し,WQHD+のディスプレイ,4820mAhのバッテリーと最大120Wの充電に対応しているのがおすすめポイントのスマホになります。

created by Rinker
¥158,800 (2024/02/24 02:23:02時点 楽天市場調べ-詳細)

Xiaomi 13T /13T Pro

Xiaomi 13T ProのSoCにはMediaTek Dimensity 9200+が搭載されておりこれはAnTuTuスコア(v.10)で約1,500,000点の性能をもったハイエンドなSoCで、CPU性能面で高い性能を発揮することができます。(発熱問題があるかもしれませんが…)

6.67インチの有機EL,リフレッシュレート最大144Hzのディスプレイを搭載しディスプレイ性能も高いスマホになります。本体重量は約206g(アルパインブルー;200g)となります。

カメラは約5,000万画素のF値1.9,IMX707メインカメラ,約1,200万画素の超広角カメラ,約5,000万画素,OV50D望遠カメラのトリプルカメラを搭載しています。

IP68防水防塵におサイフケータイにも対応しているので国内でも安心して使うことができます。画面内指紋認証,顔認証に対応しております。バッテリ容量は5,000mAhで充電は最大120Wの高速な速さの充電速度となっております。

OSはAndroidベースのMIUI 14が搭載されています。

国内で購入するすることができるので、始めてXiaomiのスマホを購入する方にもおすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Xiaomi 13T Pro
SoCMediaTek Dimensity 9200+
OSMIUI 14(Android 13)
ディスプレイ6.7インチ, 有機ELディスプレイ
解像度2712×1220
ppi446ppi
リフレッシュレート144Hz
タッチサンプリングレート480Hz
ストレージRAM:12GB (LPDDR5X)
ROM:256GB (UFS 4.0)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,IMX707,OIS,F値1.9
12MP 超広角カメラ,F値2.2
50MP 望遠カメラ,OV50D,F値1.9
最大20倍デジタルズーム
トリプルカメラ
前面カメラ
20MP,F値2.2
バッテリー容量5,000mAh
充電有線最大120W
重量206g/アルパインブルー:200g
サイズ約76mm×162mm×8.5mm(アルパインブルー : 約76mm×162mm×8.6mm)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28
4Gバンド
TD-LTE
B38/39/40/41/42
5Gバンドn3/28/41/77/78
BluetoothBluetooth 5.4
防水防塵IP68
NFC対応
おサイフケータイ対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード非対応
カラーバリエーションブラック、メドウグリーン、アルパインブルー
素材ガラス、レザー
created by Rinker
¥109,800 (2024/02/23 09:22:28時点 楽天市場調べ-詳細)

また下位モデルにXiaomi 13TがあるのですがそちらはSoCがDimensity 8200-Ultraを搭載しており、充電速度が最大67Wと少しスペックが落ちてしまっていますがコスパがとても高いので、Xiaomi 13T Proよりもコスパを重視する方はXiaomi 13Tがおすすめです。

スペック表

スペック表

性能(抜粋)Xiaomi 13T
SoCMediaTek Dimensity 8200-Ultra
OSMIUI 14(Android 13)
ディスプレイ6.7インチ, 有機ELディスプレイ
解像度2712×1220
ppi446ppi
リフレッシュレート144Hz
タッチサンプリングレート480Hz
ストレージRAM:8GB (LPDDR5)
ROM:256GB (UFS 3.1)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,IMX707,OIS,F値1.9
12MP 超広角カメラ,F値2.2
50MP 望遠カメラ,OV50D,F値1.9
最大20倍デジタルズーム
トリプルカメラ
前面カメラ:パンチホール
20MP,F値2.2
バッテリー容量5,000mAh
充電有線最大67W
重量約197g
サイズ約76mm×162mm×8.7mm
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28
4Gバンド
TD-LTE
B38/40/41/42
5Gバンドn3/28/41/77/78
BluetoothBluetooth 5.4
防水防塵IP68
NFC対応
おサイフケータイ対応
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード非対応
カラーバリエーションブラック、メドウグリーン、アルパインブルー
素材ガラス、レザー


Xiaomi 13Tのレビュー記事はこちらをご覧ください。

まとめ

以上がMIUIはほんとに使いにくいかどうかの感想になります。

評判はたしかに悪いしその感想や使い勝手など使った経験のある筆者はに納得の行く面もあります。

ただ,使わずに評判だけで決めつけて選択肢から外すのは個人的にはもったいないかなと思いますので,もしMIUIの端末に少しでも興味がありましたらぜひ自分の手で使って良し悪しを決めましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次