おすすめエッジディスプレイのスマホをジャンル別に3選紹介-[2024年版]

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。こんにちは。最近のスマホにはエッジディスプレイのスマホがそれなりに多いので,エッジディスプレイのスマホを検討している方もいるかと思います。

そこで今回はおすすめエッジディスプレイのスマホ3選を紹介したいと思います。

目次

エッジディスプレイとは?

エッジディスプレイとは名前の通りディスプレイの両端に丸みを帯びているつまり曲面を描いているディスプレイのことを指します。

メリットとしてエッジディスプレイは端までディスプレイが伸びているので側面のベゼルが狭く,画面占有率が上がり,先進的な印象を受けるところにあると考えています。

エッジディスプレイ,フラットディスプレイについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホのフラットディスプレイとエッジディスプレイの違いとメリットデメリットを紹介 こんにちは。スマホのディスプレイの形状には主にフラットディスプレイとエッジディスプレイが存在します。 ですがそれぞれどのような違いがあるのか気になっている方も...

ハイエンドスマホ

Galaxy S23 Ultra

Galaxy S23 UltraはSamsung製のGalaxyシリーズのハイエンドモデルのスマホになります。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されておりAnTuTuスコア(v.10)は約1,500,000点と性能面でもハイエンドスマホと言って文句ない高性能を発揮することができます。

カメラには2億画素,F値1.7の広角メインカメラにF値2.2の1,200万画素の超広角カメラ,1,000万画素のそれぞれF値4.92.4の二つの望遠カメラ合計4つのクアッドカメラ搭載しています。

特に広角カメラは2億画素というとても大きな画素数で撮影することができるため鮮明な写真を撮影することができます。容量が気になる方には5,000万画素に落として撮影することができるので安心して撮影することができます。

望遠レンズは光学3,10倍ズーム,デジタルズームは最大100倍に対応しております。その他にナイトモードなど状況に応じた撮影モードがあります。

6.8インチのエッジディスプレイ有機EL,QHD+,1-120HzLTPOディスプレイを搭載し本体重量は234gとなります。

IP68の防水・防塵,おサイフケータイ,画面内指紋認証顔認証に対応しておりバランスよく使いやすいハイエンドスマホです。ワイヤレス充電,ワイヤレス逆充電にも対応しており,バッテリー容量は5,000mAhでバッテリー持ちもとてもいいスマホになります。充電速度は最大45Wとなっております。

また,GalaxyはOneUIというAndroidベースのカスタムOSが搭載されており,これは使い勝手が良くなるように考えられた良いOSになります。

Galaxyのハイエンドスマホは安定して使いやすいモデルになりますので,Androidに慣れていない方にもおすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Galaxy S23 Ultra
SoCQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSOne UI (Android 13ベース)
ディスプレイ6.8インチ, 有機EL
Corning Gorilla Glass Victus 2
解像度1,440×3,088(QHD+)
リフレッシュレート1-120Hz(LTPO)
ppi501
ストレージRAM:12GB:LPDDR5X
ROM:256 / 512GB / 1TB:UFS4.0
カメラアウトカメラ
200MP メインカメラ,F値1.7
12MP 超広角カメラ,F値2.2
10MP 望遠カメラ,F値2.4(光学3倍)
10MP 望遠カメラ,F値4.9(光学10倍)
クアッドカメラ
前面カメラ:パンチホール
12MP,F値2.2
バッテリー容量5,000mAh
充電有線最大45W,ワイヤレス充電最大15W
重量234g
サイズ
高さ×幅×厚さ
163.4㎜ x 78.1㎜ x 8.9㎜
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B18/B19/B20/B21
/B26/B28/B66
4Gバンド
TD-LTE
B38/B39/B40/B41/B42
5Gバンド(ミリ波)n1/n3/n5/n28/n41/n77/n78/n79/(n257)
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP68
生体認証指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
カラーバリエーションクリーム,ファントムブラック,グリーン
価格約19.5万円~

海外版ハイエンドスマホ

海外版スマホとは

スマホは国内で販売されているものも多くありますが,当然ですが海外でもスマホは販売されています。

その関係もあってスマホは基本的に販売されている国や地域によって仕様を変えて販売しています。日本で販売されていないスマホ全般のことを海外版スマホと言います。

海外版のスマホにもいくつかの種類があります。

そのうち,日本で販売されていない広い地域での使用を想定されたスマホ全般を主にグローバル版のスマホといいます。

そのほかによく見る海外のスマホとして日本版のようにその国内や地域が絞られているなかでの使用を想定された仕様のスマホに大陸(中国)版,インド版などがあります。

購入する際はどこで販売されているスマホかしっかりと確認しましょう。

海外スマホについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
国内未発売の海外版スマホの種類とメリットとデメリットを解説[グローバル版スマホ] こんにちは。たまに日本で見慣れないような不思議なスマホを使っている人を見たことがあるかもしれません。 もしかしたらそれは海外で販売されているグローバル版若しく...

ここで紹介するスマホは上級者向けなのでもしわからないことがあれば無難に他で紹介しているエッジディスプレイのスマホを購入することをおすすめします。

Vivo X90 pro +

Vivo X90 Pro+はVivoの販売している最上位モデルのスマホです。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されており性能面でもハイエンドスマホと言って文句ない高性能を発揮することができます。

カメラはZEISS社監修のレンズを採用し1インチセンサーSONY IMX989,独自ISPのV2チップ,ToFセンサーも搭載しており最高峰のカメラ性能を持ったスマホの一つです。

メインカメラはF1.75と低いF値でその他のカメラもメインカメラとほとんど変わらない色味で撮影することができます。

6.78インチのエッジディスプレイ有機EL,WQHD+,1-120HzLTPOディスプレイを搭載し本体重量も221gとなります。

IP68の防水・防塵,画面内指紋認証顔認証,Hi-Fi DACに対応しており使いやすいハイエンドスマホです。

ワイヤレス充電にも対応しており,バッテリー容量は4,700mAhとなります。充電速度は最大80W,ワイヤレス充電は50Wとなっております。

とにかくカメラ性能の評判が良く,綺麗な写真を撮影することができるのでより良い写真をスマホで撮影したい方におすすめのスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)
SoCSnapdragon 8 Gen 2
OSOriginOS 3 (Android 13ベース)
ディスプレイ6.78インチ, 有機ELディスプレイ
解像度1,440×3,200 (WQHD+)
リフレッシュレート120Hz
ppi517
ストレージRAM:12GB
ROM:256GB / 512GB UFS4.0
カメラアウトカメラ
50MP 広角カメラ,F値1.75
48MP 超広角カメラ,F値/2.2
64MP 望遠カメラ,F値/3.5(光学3.5倍ズーム)
50MP ポートレートカメラ,F値/1.6
クアッドカメラ
OIS(光学手ぶれ補正)
前面カメラ:パンチホール
32MP,F値/2.45
バッテリー容量4,700mAh
充電有線最大80W,ワイヤレス最大50W
重量約221g
サイズ164.35mm×75.29mm×9.7mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド(SIMフリー)LTE: 対応バンド B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17
/B18/B19/B20/B25/B26/B34/B38/B39/B40/B41/B42
5Gバンド(SIMフリー)5G: n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n40/n41/n77/
n78/n79
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP68
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーデュアルスピーカー
イヤホンジャックなし
カラーバリエーションブラック, レッド
素材ガラス,革
価格約12.8万円~
created by Rinker
¥178,800 (2024/02/23 21:29:15時点 楽天市場調べ-詳細)

ミドルレンジスマホ-OPPO Reno10 Pro

OPPO Reno10 ProはOPPOのミドルレンジスマホになります。

SoCはSnapdragon 778Gを搭載しており,約2年程前のSoCにはなりますが,AnTuTuスコア(v.10)は約600,000点とミドルレンジの発揮することができます。

6.7インチのエッジディスプレイ有機EL,FHD+リフレッシュレート最大120Hzのディスプレイを搭載し本体重量も185gと軽量なスマホになります。

カメラは約5,000万画素のF値1.8広角メインカメラ,約800万画素のF値2.2超広角カメラ,約3,200万画素F値2.0望遠のトリプルカメラを搭載しています。

IP54の防水・防塵,おサイフケータイ,画面内指紋認証顔認証に対応しておりバランスよく使いやすいスマホです。バッテリー容量は4,600mAhで充電は最大80Wととても速い充電を行うことができます。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)OPPO Reno10 Pro 5G
SoCQualcomm Snapdragon 778G 5G
OSColorOS 13(Android 13ベース)
ディスプレイ6.7インチ, 有機EL
解像度1,080×2,412(FHD+)
リフレッシュレート120Hz
ppi394
ストレージRAM:8GB:LPDDR4X
ROM:256GB:UFS2.2
カメラアウトカメラ
50MP 広角カメラ,F値1.8
8MP 超広角カメラ,F値2.2
32MP 望遠カメラ,F値2.0(光学2倍)
トリプルカメラ
前面カメラ:パンチホール
32MP,F値2.4
バッテリー容量4,600mAh
充電有線最大80W
重量約185g
サイズ
高さ×幅×厚さ
163㎜ x 75㎜ x 7.9㎜
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B26/B28
4Gバンド
TD-LTE
B38/B41/B42
5Gバンドn3/n28/n77/n78
BluetoothBluetooth 5.2
防水防塵IP54
生体認証指紋認証・顔認証
スピーカーモノラルスピーカー
イヤホンジャックなし
カラーバリエーションGlossy Purple,Silvery Grey
価格約8.6万円~

まとめ

今回はおすすめエッジディスプレイのスマホ3選を紹介しました。是非お気に入りのエッジディスプレイのスマホを見つけましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次