減りの早いAndroidスマートフォンのバッテリーを節約して長持ちさせる方法を紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホがお得!

こんにちは。Androidスマートフォンを使っているとバッテリー持ちが悪いと感じる瞬間があると思います。

そこで今回はAndroid スマートフォンのバッテリーを長持ちさせる方法について紹介したいと思います。

目次

バッテリーを長持ちさせる方法

バッテリーセーバーを使う

Androidスマホの多くにはバッテリーセーバー機能が搭載されています。

機種によって効力は多少異なりますがOFFの状態よりも確実にバッテリー持ちが良くなります。

ですが基本的には処理能力を落としたり、リフレッシュレートをさげるなどをしてバッテリー持ちを確保していることが多くスマホの性能が低下してしまうのでバッテリー持ちが良いからと常用することはおすすめしません。

使わないアプリをタスクキルする

使わないアプリをタスクキルすることで電池持ちを改善することもできます。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
[Android/iPhone]スマホアプリはタスクキルするがよいのか?アプリの閉じ方と有効性を紹介 こんにちは。スマホのアプリは閉じるつまりタスクキルしない限りはアプリを開いていなくても動作し続けます。 このアプリはそのままにしといて良いのでしょうか? そこ...

GPS,Wi-Fi,BluetoothなどをOFFにする

スマートフォンは現在地を測定するのにGPS機能を利用していますが通信をしているときはバッテリーを消費するのでGPS機能をオフにしましょう。

Wi-FiやBluetoothなども同様にスマートフォンは常に通信を探しており、バッテリーを消耗するので不必要な場合はオフにしましょう。

GPSをオフにするとマップなどGPSを利用するアプリの機能が使えなくなります。ですので,バッテリー持ちを良くするためにはアプリごとに位置情報にアクセスできるかどうかを指定しましょう。

画面の明るさ,リフレッシュレートを変更する

スマートフォンで消費される電力でかなりの割合を占めているのが画面の明るさです。ですので画面の明るさを下げることによってバッテリー持ちを改善することができます。

また,高リフレッシュレートに対応している機種であればリフレッシュレートをさげることによってもバッテリー持ちを確保することができます。

機内モードにする

機内モードにすると通信などが制限されますが、その分バッテリー持ちが良くなります。

しかしほとんどの通信機能が使えなくなるので最終手段としてとっておきましょう。

機内モードは飛行機に乗らなくても使えます。

バッテリーを交換する

これらの方法でどうしてもバッテリー持ちが改善された場合はバッテリーが劣化している可能性が高いのでスマートフォンのバッテリーを交換することをお勧めしたいと思います。

バッテリーを長持ちさせるときの注意点

バッテリーを長持ちさせるには基本的に機能を制限しないと行けなくなり、スマホ使いが不便になってしまいますので常用することはおすすめしません。

あくまでもピンチの際に充電をどうしても持たせたいときに使いましょう。

バッテリー持ちが改善しなければ

もしこれらの対処法を実施してもバッテリー持ちがよくならないのであればそのスマホはバッテリーの劣化だけでなく性能面を考えてももう寿命である可能性が高いので新しいスマホへの買い替えをおすすめします。

バッテリー持ちがよいスマホが欲しい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
バッテリー持ちのいいスマホをジャンル別に5選紹介[2024年版]-バッテリー持ちのよいスマホの選び方も紹介 こんにちは。出先などでスマホを使うときにバッテリー持ちが気になる方は多いかとおもいます。 スマホのバッテリー持ちが多ければモバイルバッテリーや充電器を持ち運び...

まとめ

以上がバッテリー持ちを改善する方法になります。

ご自分のスマートフォンの設定を見直してバッテリー持ちを改善しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次