バッテリー持ちのいいスマホをジャンル別に5選紹介[2024年版]-バッテリー持ちのよいスマホの選び方も紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホがお得!

こんにちは。出先などでスマホを使うときにバッテリー持ちが気になる方は多いかとおもいます。

スマホのバッテリー持ちが多ければモバイルバッテリーや充電器を持ち運びする必要がなく、持ち運びに不便を感じることが少なくなります。

そこで今回はバッテリー性能の良いスマホをジャンル別に紹介したいと思います。

目次

ジャンル別バッテリー持ちのいいスマホ

バッテリー持ちが良いスマホはローエンドスマホからハイエンドスマホなどエントリーモデルから高性能なモデルまで様々なジャンルに分けることができます。

ただバッテリー持ちが良いだけでは欲しい機能が使えずに不便な思いをしてしまうかもしれません。

ですので,より使い勝手が良いスマホを選ぶことができるように今回はそれぞれのジャンルを代表してバッテリー持ちが良いスマホを紹介したいと思います。

フラッグシップスマホ – Samsung Galaxy S24 Ultra

フラッグシップスマホとは各メーカーが出している最高性能を誇るモデルのスマホのことを指します。

Galaxy S24 UltraはSamsung製のGalaxyシリーズのフラッグシップモデルのスマホになります。

バッテリーは5,000mAhに最大45Wの急速充電,ワイヤレス充電にも対応しています。SoCの省電力性も高いので、バッテリー持ちが良く快適に使うことができます。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 3 for Galaxyが搭載されておりAnTuTuスコア(v.10)は約2,000,000点とても高い性能を発揮することができます。

カメラには2億画素の広角メインカメラに1,200万画素の超広角カメラ、5,000万画素と1,000万画素のそれぞれ二つの望遠カメラの合計4つのクアッドカメラ搭載しています。

特に広角カメラは2億画素というとても大きな画素数で撮影することができるため鮮明な写真を撮影することができます。容量が気になる方には5,000万画素に落として撮影することができるので安心して撮影することができます。

望遠レンズはそれぞれ光学3、10倍ズーム、デジタルズームは最大100倍に対応しております。

その他にナイトモードなど状況に応じた撮影モードがあります。

Sペンにも対応しておりSペンは本体に格納されているのでメモなどをすぐに簡単に取ることができ便利なものになります。

防水防塵、おサイフケータイに画面内指紋認証、顔認証にも対応しておりますので普段使いもしっかりとこなせます。

スピーカーの性能はハイエンドスマホに漏れず高音質で音の広がりが良いスピーカーを搭載しています。

全ての性能が高水準なGalaxy端末が欲しい方におすすめのスマホになります。

メリットデメリット
Snapdragon 8 Gen 3で高性能
Sペンが便利
OneUIのカスタマイズが使いやすい
SoC以外も基本的な性能はどれも高性能
価格が高価
充電速度が比較的遅め
スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Galaxy S24 Ultra
SoCQualcomm Snapdragon 8 Gen 3 for Galaxy
OSOne UI(Android)
ディスプレイ6.8インチ,有機ELディスプレイ
解像度3120 x 1440 (Quad HD+)
リフレッシュレート1-120Hz LTPO
ストレージRAM:12GB
ROM:256 / 512GB / 1TB
カメラアウトカメラ
200MP メインカメラ,OIS,F値1.8
12MP 超広角カメラ,F値2.2
10MP 望遠カメラ,F値2.4
50MP 望遠カメラ,F値3.4
(光学ズーム3,5倍、デジタルズーム最大100倍)
クアッドカメラ
前面カメラ
12MP,F値2.2 パンチホール
バッテリー容量5,000mAh
充電有線,ワイヤレス充電対応
重量233g
サイズ
高さ×幅×厚さ
162.3mm x 79.0mm x 8.6mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1(2100), B2(1900), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B13(700), B18(800), B19(800), B20(800), B21(1500), B26(850), B28(700), B66(AWS-3)
4Gバンド
TD-LTE
B38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500), B42(3400)
5GバンドN1(2100), N3(1800), N5(850), N28(700), N41(2500),N66(AWS-3),N77(3700), N78(3500), N79(4500)
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP68
生体認証画面内指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
カラーバリエーションチタニウム グレー、チタニウム ブラック、チタニウム バイオレット

ミドルレンジスマホ – Sony Xperia 10 Ⅴ

ミドルレンジスマホとはCPUの性能をはじめカメラ,バッテリーやストレージの容量などを価格相応にバランスのよい性能をしているスマホです。

Xperia 10 ⅤはSonyが販売しているミドルレンジのスマホになります。

バッテリーは5,000mAhに最大18Wの急速充電に対応しているのでバッテリー持ちに不満なく使うことができます。

SoCにはSnapdragon 695 5Gを搭載しておりAnTuTuスコア(v.10)は約460,000点と重いゲームや作業をするのはすこし難しいですが普段使いをすることはできます。

4800万画素の広角,800万画素の超広角,800万画素の望遠レンズのトリプルカメラを搭載しており,撮影をそれなりに良くできます。

防水防塵,おサイフケータイに指紋認証も搭載しているので普段使いも問題なくこなすことができます。

フロントステレオスピーカーを搭載しておりスピーカーで聞く音声も悪くない評判となっています。

バッテリー持ちのよいXperiaが欲しい方におすすめのスマホになります。

メリットデメリット
バッテリー持ちが良い性能を考えると価格が高価
充電速度が遅い
スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Xperia 10 Ⅴ
SoCQualcomm Snapdragon 695
OSAndroid
ディスプレイ6.1インチ, 有機EL
解像度FHD+
リフレッシュレート60Hz
タッチサンプリングレート
ppi
ストレージRAM:6GB
ROM:128GB
カメラアウトカメラ
48MP メインカメラ,Exmor RS for mobile,F値1.8
8MP 超広角カメラ,F値2.2
8MP 望遠カメラ,F値2.2
トリプルカメラ
前面カメラ:ベゼル
8MP,F値2.0
バッテリー容量5,000mAh
充電有線
重量約159g
サイズ
高さ×幅×厚さ
約155mm×68mm×8.3mm
通信802.11 a/b/g/n/ac
4Gバンド(SIMフリー)
FDD-LTE
B1, 3, 4, 5, 8, 12, 18, 19, 21
4Gバンド(SIMフリー)
TD-LTE
B38,41, 42
5Gバンド(SIMフリー)n3, n28 , n77, n78, n79
BluetoothBluetooth 5.1
防水防塵IP68
NFC対応
おサイフケータイ対応
生体認証側面指紋認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックあり
SDカード最大1TB
カラーバリエーションブラック、ホワイト、パープル、グリーン
公式サイト
created by Rinker
¥59,290 (2024/06/16 12:34:38時点 楽天市場調べ-詳細)

また前作のXperia 10 Ⅳも同じSoC,バッテリー容量を搭載していてさらにお安く購入することができるのでおすすめです。

ゲーミングスマホ – ASUS ROG Phone 7 (Ultimate)

ゲーミングスマホとはゲーム性能に特化したハードウェアやソフトウェアを備えたスマホのことを指します。

Rog Phone 7 はASUSから販売されている最新モデルのゲーミングスマホです。

ディスプレイは最大165Hzのリフレッシュレートに対応しています。

長時間のバッテリー駆動を実現するために,バッテリーは6,000mAhもの超大容量バッテリーを搭載しており,最大65Wの高速充電に対応しています。

さらにバイパス充電というゲームなどをする際に充電を停止して発熱を抑える機能を搭載しています。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されておりCPU性能面でも高い性能を発揮することができます。

カメラ性能は5,000万画素の広角カメラ,1,300万画素の超広角カメラ,500万画素のマクロカメラのトリプルカメラ構成になっています。

またIP54の防水防塵に画面内指紋認証,顔認証に対応しており普段使いも問題なく使うことができます。

スピーカーの音質も良く,ゲームだけでなく様々なコンテンツを楽しむことができます。

スペックも高く、ゲームに最適化された機能がたくさん搭載されているので、ゲームを良くする方におすすめのスマホになります。

メリットデメリット
Snapdragon 8 Gen 2で高性能
総合的なゲーム性能がとても高い
サイズが比較的大きめ
おサイフケータイ非対応
スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)ROG Phone 7
SoCSnapdragon 8 Gen 2
OSROG UI(Android 13ベース)
ディスプレイ6.78インチ, 有機EL
Corning Gorilla Glass Victus
解像度1,080×2,448(FHD+)
リフレッシュレート165Hz
タッチサンプリングレート720Hz
ppi395
ストレージRAM:12 / 16GB:LPDDR5X
ROM:256 / 512GB:UFS4.0
カメラアウトカメラ
50MP 広角カメラ,F値1.9
13MP 超広角カメラ,F値2.2
5MP マクロカメラ,F値2.0
トリプルカメラ
前面カメラ:ベゼル
32MP,F値2.4
バッテリー容量6,000mAh
充電有線最大65W
重量239 g
サイズ
高さ×幅×厚さ
173mm×77mm× 10.3mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25
/B26/B28/B32/B66
4Gバンド
TD-LTE
B34/B38/B39/B40/B41/B42/B43/B48
5Gバンドn1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n18/n20/n25/n26/n28/n38/n40
/n41/n48/n66/n77/n78/n79
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP54
生体認証指紋認証・顔認証
スピーカーデュアルフロントスピーカー
イヤホンジャックあり
カラーバリエーションストームホワイト,ファントムブラック
価格12.9万円~
created by Rinker
¥123,260 (2024/06/15 18:28:44時点 楽天市場調べ-詳細)

また上位モデルにROG Phone 7 Ultimateがあります。こちらの方が突き詰めればバッテリー持ちが良いですが,現在公式サイトでは品切れになってしまっています。

タフネススマホ – Blackview BV9300

タフネススマホとは一般に使われているスマホよりも耐衝撃性,耐水性,耐防塵性,耐久性が高いスマホになります。

スマホをアウトドアなどの防水性を重視する方や過酷な環境で使う方にとてもおすすめのスマホです。

タフネススマホの特徴の一つとしてとてつもない大容量バッテリーを搭載している点になります。

Blackview BV9300はそんなタフネススマホの一つになります。

ディスプレイは最大120Hzのリフレッシュレートに対応しています。

バッテリー容量はなんと15,080mAhのとても大きなバッテリー容量に最大33Wの高速充電に対応しています。

SoCにはHelio G99を搭載しておりAnTuTuスコア(v.10)は約400,000点とミドルレンジクラスの中間の性能をしていますので,普段使いもある程度問題なく行うことができます。

カメラは5,000万画素のメインカメラ,800万画素の超広角,ウルトラマクロカメラ, 200万画素の深度カメラを搭載しています。

MIL-STD-810HIP68 & IP69Kに対応していますので耐衝撃性や防水防塵性能もタフネススマホらしくとても高いです。

ただしタフネススマホは見た目のとおり普通のスマホよりも重量が大きく,分厚いので使うにはすこし慣れが必要です。

Blackview BV9300も例に漏れず約520gととても重いスマホとなっています。

ですがその分耐久性がとても高いのでスマホに高い耐衝撃性や防水防塵性能を求めている方におすすめです。

メリットデメリット
耐久性がとても高い
バッテリー持ちがとても良い
比較的安く購入することができる
サイズが大きめ
重量が約520gと重い
スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Blackview BV9300
SoCMediaTek Helio G99
OSDoke OS 3.1(Android12ベース)
ディスプレイ6.7インチ, IPS
解像度1080×2400(FHD+)
リフレッシュレート120Hz
ストレージRAM:12GB
ROM:256GB
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,F値1.8
8MP 超広角カメラ,F値2.2
2MP 深度測定カメラ
トリプルカメラ
前面カメラ:パンチホール
32MP,F値2.45
バッテリー容量15,080mAh
充電有線最大33W
重量約520g
サイズ184.6mm×85.6mm×22.8mm
通信802.11 a/b/g/n/ac
4GバンドLTE: 対応バンド B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18
/B19/B20/B25/B26/B28A/B28B/B30/B34/B38/B39/B40/B41
/B66
5Gバンド非対応
BluetoothBluetooth 5.2
防水防塵IP69K
生体認証指紋認証・顔認証
カラーバリエーションブラック,オレンジ,グリーン
素材プラスチック
価格約4.0万円

公式サイト

iPhone – iPhone 15 Pro Max

iPhone 15 Pro Maxは最新モデルのiPhoneの高性能モデルになります。

ディスプレイは最大120Hzのリフレッシュレートに対応しています。

バッテリー容量は4,422mAhに最大27Wの充電,ワイヤレス充電,MagSafeに対応しており,iOSと組み合わさって長時間のバッテリー持ちを実現しています。

SoCはA17 Proを搭載しており,CPU性能面でも高い性能を発揮することができます。

カメラ性能は4,800万画素のメインカメラに1,200万画素の超広角カメラ,1,200万画素の望遠カメラを搭載しています。

防水防塵,おサイフケータイに顔認証も搭載しているので普段使いも問題なくこなすことができます。

メリットデメリット
基本スペックが高め価格が高価
スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)iPhone 15 Pro Max
SoCA17 Pro
OSiOS 17
ディスプレイ6.7インチ, 有機ELディスプレイ
解像度2,796 x 1,290
ppi460ppi
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート
ストレージROM:256 / 512GB / 1TB
カメラアウトカメラ
48MP メインカメラ,OIS,F値1.78
12MP 超広角カメラ,F値2.2
12MP 望遠カメラ,OIS,F値1.78(2倍望遠),F値2.8(5倍望遠)
最大25倍デジタルズーム
トリプルカメラ
前面カメラ
12MP,F値1.9,Dynamic Island
バッテリー容量
充電有線、ワイヤレス最大15W
重量221g
サイズ
高さ×幅×厚さ
約159.9mm×76.7mm×8.25mm
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71
4Gバンド
TD-LTE
B34、38、39、40、41、42、46、48、53
5Gバンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n14、n20、n25、n26、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n53、n66、n70、n71、n75、n76、n77、n78、n79
Bluetooth
防水防塵IP68
NFC対応
おサイフケータイApple Pay
生体認証顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
SDカード非対応
カラーバリエーションブラックチタニウム、ホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウム
素材チタン
公式サイト

バッテリー持ちのよいスマホの選び方

簡単にバッテリー持ちの良いスマホを選ぶために知っているといいと思うことを紹介したいと思います。

バッテリー容量の大きいものを選ぶ
省電力なSoCのスマホを選ぶ
ディスプレイ性能の高いスマホを選ぶ
充電速度が速いスマホを選ぶ

最後の充電速度が速いスマホを選ぶはバッテリー持ちとは少し違いますがバッテリー関連のスマホの利便性に深く関わることなので紹介しておきたいと思います。

バッテリー容量の大きいものを選ぶ

単純にバッテリーの容量が大きければ,バッテリー持ちがよい傾向があります。

具体的には5,000mAh以上容量があると大容量バッテリーと呼んで差し支えないと考えています。

ただし,搭載されているSoCディスプレイの違いなどによってはバッテリー容量が同じでもバッテリー持ちに違いが出てきてしまいます

ですが逆に言えば同じようなスペックで構成されているスマホであればバッテリー容量の大きいものの方がバッテリー持ちがよい傾向にありますのでバッテリー容量はしっかりと確認しましょう。

省電力なSoCのスマホを選ぶ

先ほども触れましたがSoCによってもスマホの省電力性は異なります。

基本的に同じ性能でも新しいSoCになればなるほど省電力性が向上していることが多いです。

ですので、バッテリー容量だけでなくなるべく新しいSoCのスマホを選ぶなど、省電力性についてもしっかりと確認しましょう。

ディスプレイ性能の高いスマホを選ぶ

ディスプレイ性能もバッテリー持ちにかなり影響を及ぼします。

ディスプレイ性能で特に確認しておきたい点は有機ELディスプレイリフレッシュレートについてです。

どちらも省電力性を測る上で大事になってきますので、しっかりと確認しましょう。

また、より省電力性を優先するのであれば解像度を下げたり、画面サイズが小さいスマホを選ぶこともおすすめします。

有機ELディスプレイ

スマホのディスプレイには主に液晶ディスプレイと有機ELディスプレイというものがあります。

簡単に違いを説明すると液晶ディスプレイは液晶、偏光板とカラーフィルターを使いそれをバックライトで照らして画面を表示しているディスプレイ、有機ELディスプレイは正極と負極の間に発光する有機物を使い画面を表示しているディスプレイになります。

液晶ディスプレイと違って有機ELディスプレイは表示に必要な素子のみが発光(黒色を発光しない)ので省電力性が高いと言えます。

リフレッシュレート

リフレッシュレートとは簡単に説明しますと秒間何回画面を表示を変更することができるかという数値のことです。

例えば1秒間に60回更新される場合は60Hz(単位:Hz)となります。機種によって違いはありますが一般的なスマホのリフレッシュレートは60Hzですが、高性能な機種になると90,120Hz以上のものもあります。

リフレッシュレートが高くなると滑らかでヌルヌルとした快適な動作が出来るようになるというメリットがあります。

最近のスマホは高リフレッシュレート端末が多いのですがこれは電池持ちの悪さが欠点となってしまいます。

ですがLTPOディスプレイ(Low Temperature Polycrystalline Oxide:低温多結晶酸化物)というディスプレイがあり、これに対応しているスマホであればコンテンツに合わせて1~120Hzの間でリフレッシュレートを自動で調整してくれるので,高リフレッシュレートを保ちながら省電力性も確保してくれます。

ですので、高リフレッシュレートを使いつつ省電力性を維持したい方はLTPOディスプレイのスマホを選ぶようにしましょう。

充電速度が速いスマホを選ぶ

当然ですがスマホは使えばバッテリーを消費します。

そうなれば充電をすると思いますがここで充電が完了するのに時間がかかってしまえば、うっかりスマホの充電を忘れてしまったときなどにせっかくバッテリー持ちが良くてもなかなか充電が終わらずに不便な思いをしてしまいます。

ですが最近の特にAndroidスマホにはとても高速に充電をすることができる機種がそれなりにあります。

例えばXiaomi 13T Proというスマホでは何と最大120Wで約19分ほどで充電を完了することができ、もし朝起きた時などにスマホの充電をうっかり忘れてしまっても起きてから出かけるまでの間に充電をしてしまえば充電を終わらせてしまうなんてこともできてしまいます。(iPhone 15 Pro Maxは27Wで約30分で最大50%充電)

created by Rinker
¥109,800 (2024/06/16 01:36:47時点 楽天市場調べ-詳細)

ですので、充電速度の速さはバッテリー持ちとは別ですが利便性にかなり影響を及ぼすので、しっかりと確認することをおすすめします。

まとめ

今回はバッテリー持ちのいいスマホをジャンル別に5選紹介しました。

ぜひ自分に合ったバッテリー性能の高いスマホを見つけてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次