SAMSUNG Galaxyの独自OS「OneUI」は使いやすいって本当?OneUI端末を使った感想を交えて紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。GalaxyのOneUIは誰もが聞いたことがあるくらいに使いやすいと皆さん聞いたことがあるかと思います。

そこで今回はOneUIが使いやすい点などを紹介していきたいと思います。

目次

OneUIは使いやすいのか?

そもそもOneUIは使いやすいのでしょうか?

OneUIを使ってみて個人的に思った感想としてはカスタマイズされていないAndroidに比べるとOneUIの方が使いやすいと考えています

理由としてカスタマイズ自体は中華スマホ系と比べておとなしめでシンプルな感じのカスタマイズですがいろいろと便利な機能があり割と細かい設定まで行えることにあると思います

スマホマニアのアザラシ

カスタマイズOS特有の癖も少なくて,Android初心者にもおすすめだぜ!

OneUIの使いやすいおすすめ機能

OneUIの使いやすいおすすめ機能をいくつかピックアップして紹介したいと思います。

デュアルメッセンジャー

デュアルメッセンジャーとは同じアプリをもう1つ端末にインストールしそれぞれで別のアカウントを使用することができる機能になります。

これによって2つのアカウントをスムーズに切り替えて使うことができます

ただし残念ながらOneUIでは決められたアプリのみでしかつかうことができません。

もしもすべてのアプリでアプリを複製したいと考えているのであればMIUI(Xiaomi製のスマホ)がおすすめです。

MIUIについて詳しくはこちら

あわせて読みたい
Xiaomiの独自OS「MIUI」は使いにくいって本当?MIUI端末を使っている筆者の感想を交えて考える こんにちは。XiaomiはAndroidのカスタムOSであるMIUIをリリースしています。 Xiaomiの端末が欲しいと思って調べていたらMIUIについてこのOSは使いにくいという噂を聞い...

エッジパネル

OneUIには画面端から左側にスワイプするとアプリなどのショートカットなどが表示される機能があります。

アプリをそこから開くだけでなく分割画面やフローティング表示も簡単に行うことができるのでとても良いです。

また天気予報やツール,クリップボードなども表示することができるので便利な機能の一つと言えると思います。

ポップアップ表示

ポップアップ表示とはアプリをフローティングウィンドウで起動できる機能です。

スマホゲームをしながら,ブラウジングで攻略情報を検索するなどマルチタスクで使うことができて便利な機能になります。

この機能は特に大画面で操作できる折りたたみスマホ,Galaxy Z Fold シリーズで真価を発揮する機能になります。

シャッター音を無音化

少し特殊な操作が必要になりますが,OneUIは国内版でもシャッター音を無音化することができます。

LockStar

LockStarとはGalaxyデバイスの機能をカスタマイズできる【Good Lock】のSamsung公式カスタマイズアプリです。

日本ではGalaxy Storeから直接ダウンロードして利用することはできませんが【Nice Lock】アプリをインストールすることによって日本でも【Good Lock】モジュールを利用可能になります。

少し導入が大変ですが,ロック画面をカスタマイズできるところが便利な機能になります。

Quick Star

Quick Starも【Good Lock】のSamsung公式カスタマイズアプリで使える機能です。

Quick Starは通知パネルや設定パネルをカスタマイズできたりステータスバーの設定なども行うことができます。

Samsung DeX

Samsung DeXとは対応している機種であればモニターと端末をケーブルで接続するだけでOneUI端末をPCのように使用できる機能です。

PCの利便性とまではいかないものの様々な使い方ができるので便利と言えば便利な機能になります。

おすすめOneUI端末

OneUIを最大限に活かせるのはハイエンドモデルのGalaxyのSシリーズもしくは折りたたみスマホ,stabだと個人的に思っています。

ですのでそれらを中心にここでおすすめおすすめOneUI端末を紹介したいと思います。

Galaxy S23 Ultra

Galaxy S23 UltraはSamsung製のGalaxyシリーズのハイエンドモデルの上位モデルスマホになります。

6.8インチ20:9有機EL,WQHD+(3088 x 1440)ppi500エッジディスプレイを搭載していておおよそ1000nitの最大輝度に加えて120Hzのリフレッシュレートにタッチサンプリングレートは240Hzもの数値があります。

カメラには2億画素,F値1.7の広角メインカメラにF値2.2の1,200万画素の超広角カメラ,1,000万画素のそれぞれF値4.9と2.4の二つの望遠カメラ合計4つのクアッドカメラ搭載しています。

特に広角カメラは2億画素というとても大きな画素数で撮影することができるため鮮明な写真を撮影することができます。容量が気になる方には5,000万画素に落として撮影することができるので安心して撮影することができます。

望遠レンズは光学3,10倍ズーム,デジタルズームは最大100倍に対応しております。

その他にナイトモードなど状況に応じた撮影モードがあります。

スピーカーの性能はハイエンドスマホに漏れず高音質で音の広がりが良いスピーカーを搭載しています。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されており,AnTuTuスコア(v.10)は約1,500,000点と性能面でもハイエンドスマホと言って文句ない高性能を発揮することができます。

5,000mAhのバッテリーを搭載しておりバッテリー持ちもとてもいいスマホになります。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Galaxy S23 Ultra
SoCQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSOne UI (Android 13ベース)
ディスプレイ6.8インチ, 有機EL
Corning Gorilla Glass Victus 2
解像度1,440×3,088(QHD+)
リフレッシュレート1-120Hz(LTPO)
ppi501
ストレージRAM:12GB:LPDDR5X
ROM:256 / 512GB / 1TB:UFS4.0
カメラアウトカメラ
200MP メインカメラ,F値1.7
12MP 超広角カメラ,F値2.2
10MP 望遠カメラ,F値2.4(光学3倍)
10MP 望遠カメラ,F値4.9(光学10倍)
クアッドカメラ
前面カメラ:パンチホール
12MP,F値2.2
バッテリー容量5,000mAh
充電有線最大45W,ワイヤレス充電最大15W
重量234g
サイズ
高さ×幅×厚さ
163.4㎜ x 78.1㎜ x 8.9㎜
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B18/B19/B20/B21
/B26/B28/B66
4Gバンド
TD-LTE
B38/B39/B40/B41/B42
5Gバンド(ミリ波)n1/n3/n5/n28/n41/n77/n78/n79/(n257)
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP68
生体認証指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
カラーバリエーションクリーム,ファントムブラック,グリーン
価格約19.5万円~

国内版もありますが海外版だと比較的お安く買うことができます

created by Rinker
¥169,900 (2024/02/23 09:07:54時点 楽天市場調べ-詳細)

海外版Galaxyのメリットデメリットについて知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
Samsung Galaxyシリーズのスマホのグローバル版を購入するメリットデメリットを紹介 こんにちは。国内でもそれなりに販売されているGalaxyですが国内で販売されているものだけでなく海外向けに作られたいわゆるグローバル版のような海外専売のものもあり...

Galaxy S23

Galaxy S23 UltraはSamsung製のGalaxyシリーズのハイエンドモデルのになります。

6.1インチの有機EL,FHD+リフレッシュレート最大120Hzのディスプレイを搭載し本体重量も168gと比較的軽量コンパクトなボディのスマホでSoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されておりCPU性能面でも高い性能を発揮することができます。

カメラは約5,000万画素のF値1.8広角メインカメラ,約1,200万画素のF値2.2超広角カメラ,約1,000万画素F値2.4望遠のトリプルカメラを搭載しています。

IP68の防水・防塵,国内版はおサイフケータイ,指紋認証顔認証に対応しておりバランスよく使いやすいハイエンドスマホです。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Galaxy S23
SoCQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSOne UI (Android 13ベース)
ディスプレイ6.1インチ, 有機EL
Corning Gorilla Glass Victus 2
解像度1,080×2,340(FHD+)
リフレッシュレート120Hz
ppi422
ストレージRAM:8GB:LPDDR5X
ROM:256GB:UFS4.0
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,F値1.8
12MP 超広角カメラ,F値2.2
10MP 望遠カメラ,F値2.4(光学3倍)
トリプルカメラ
前面カメラ:パンチホール
12MP,F値2.2
バッテリー容量3,900mAh
充電有線最大25W,ワイヤレス充電最大15W
重量約168g
サイズ
高さ×幅×厚さ
146.mm×70.9mm×7.6mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B18/B19/B20/B21
/B26/B28/B66
4Gバンド
TD-LTE
B38/B39/B40/B41/B42
5Gバンドn1/n3/n5/n28/n41/n77/n78/n79
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IP68
生体認証指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
カラーバリエーションクリーム,ファントムブラック,ラベンダー
価格約13.6万円~
created by Rinker
¥147,700 (2024/02/24 08:06:00時点 楽天市場調べ-詳細)

Galaxy Z Fold 5

折りたたみスマホはディスプレイを縦や横に折り曲げることができることができるスマートフォンです。

Galaxy Z Fold 5は横折りの折りたたみスマホになります。前作のZ Fold 4からヒンジ設計が進化してレックスヒンジ(水滴型のヒンジ)構造が採用されデザイン,機能共に改良されています。

SoCにはSnapdragon 8 Gen 2が搭載されておりCPU性能面でも高い性能を発揮することができます。

ディスプレイは折りたたんだ状態(サブディスプレイ)では6.2インチ,開いた状態(メインディスプレイ)では7.6インチの画面を楽しむことができます。

タブレットのような大画面とスマホの画面を使い分けることのできる折りたたみスマホは想像以上に便利で使いやすいと考えています。

両ディスプレイともフラットディスプレイの有機EL,メインディスプレイはQXGA+,サブディスプレイはHD+,リフレッシュレートはどちらも120Hzのディスプレイとなります。本体重量は253gとなります。

カメラ性能は5,000万画素のF値1.8広角カメラ,1,200万画素のF値2.2超広角カメラ,1,000万画素のF値2.4望遠カメラのトリプルカメラ構成になっています。

またIPX8の防水におサイフケータイ,側面指紋認証,顔認証に対応しており普段使いも問題なく使うことができます。ワイヤレス充電にも対応しており,バッテリ容量は4,400mAhで充電は最大25Wとなっております。

少し価格は高価ですが,Galaxy Z Fold5は国内で買える折りたたみスマホとしては最高峰の性能を持つと個人的に考えていますので折りたたみスマホを検討しているかたは是非購入しましょう。

スペック表
スクロールできます
性能(抜粋)Galaxy Z Fold5
SoCQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
OSOne UI (Android 13ベース)
ディスプレイメインディスプレイ:7.6インチ, 有機ELディスプレイ
カバーディスプレイ:6.2インチ, 有機ELディスプレイ
Gorilla Glass Victus2
解像度メインディスプレイ:1812×2176 (QXGA+)
カバーディスプレイ:904×2316 (HD+)
リフレッシュレートメインディスプレイ:120Hz
カバーディスプレイ:120Hz
ストレージRAM:12GB (LPDDR5X)
ROM:256 / 512GB / 1TB (UFS 4.0)
カメラアウトカメラ
50MP メインカメラ,F値1.8
12MP 超広角カメラ,F値2.2
10MP 望遠カメラ,F値2.4(光学3倍)
トリプルカメラ
前面カメラ
メインディスプレイ:4MP,F値1.8
カバーディスプレイ:10MP,F値2.2
バッテリー容量4,400mAh
充電有線最大25W,ワイヤレス充電対応
重量約253g
サイズ
高さ×幅×厚さ
開閉時:154.9mm x 129.9mm x 6.1mm
折りたたみ時:154.9mm x 67.1mm x 13.4mm
通信802.11 a/b/g/n/ac/ax
4Gバンド
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B18/B19/B20/B21/
B26/B28/B66
4Gバンド
TD-LTE
B38/B39/B40/B41/ B42
5Gバンドn1/n3/n5/n28/n41/n66/n77/n78/n79
BluetoothBluetooth 5.3
防水防塵IPX8
生体認証指紋認証・顔認証
スピーカーステレオスピーカー
イヤホンジャックなし
カラーバリエーションアイシー ブルー,ファントム ブラック
価格約24.2万円~
created by Rinker
¥199,900 (2024/02/23 20:04:49時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

今回はOneUIについて紹介しました。

Android端末初心者でもそれなりに使いやすい端末ですので,興味があれば是非Galaxyの端末を使ってみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次