スマートウォッチのメリットデメリット,必要な人とおすすめスマートウォッチを紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。スマホを持っている人はスマートウォッチを買うかどうか考えたことがあるかもしれません。

そこで今回はスマートウォッチのメリットデメリット,必要な人とおすすめスマートウォッチを紹介したいとおもいます。 

目次

スマートウォッチとは

そもそもスマートウォッチとはなんなのでしょうか?

スマートウォッチは腕時計の形をしたウェアラブル端末になります。

ウェアラブル端末とは身体に取り付けることができる端末全般のことを指します。

スマートウォッチはBluetoothを使いスマホと接続して様々な機能をつかうことができます。

スマートウォッチがあるとできること

ではスマートウォッチがあるとどのような事ができるのでしょうか?

スマートウォッチには様々なたくさんの機能があります。

・時計
・健康管理
・電子決済
・スマホの通知を確認する

時計

当然ですがスマートウォッチには時計機能があり常に時間を確認することができます。

文字盤をカスタマイズしたりアナログやデジタル表示を選択できたりと通常の腕時計と違いいろいろな表示をされた時計を楽しむことができます。

健康管理

スマートウォッチには健康を管理することができる機能がいろいろあります。

例えば心拍数や血中酸素濃度を計測したり,計測結果をスマホで管理することができます。

計測結果から疲労度やストレスチェックなどもできますのでより詳しい健康管理をすることができます。

電子決済

スマートウォッチには一部の機種で電子決済に対応しているものもあります。

またモバイルSuicaに対応しているモデルであればスマートウォッチをかざすだけで改札を出入りすることができます。

スマホの通知を確認できる

スマートウォッチはスマホに通知が来た際にスマートウォッチ側で通知や着信を確認することができます。

スマホを取り出せないシチュエーションでもスマートウォッチ一つで通知を確認することができます。

スマートウォッチのメリット

これらの機能を踏まえた上でスマートウォッチのメリットについて紹介したいと思います。

・スマホを取り出さずにいろいろなことができる
・高級時計を買う必要がなくなる
・より健康確認ができる

スマホを取り出さずにいろいろなことができる

上記した通りにスマートウォッチを使うとスマホを取り出す事なく通知などを確認できたり,電子決済をすることができます。

スマホをいちいち取り出して使うことが面倒な人はスマートウォッチが向いていると考えられます。

高級時計を買う必要がなくなる

スマートウォッチは高級な腕時計に比べると比較的安価に購入することができます。

それでいて通常の腕時計よりも多機能に使うことができるのでおしゃれ度を考えなければスマートウォッチを使うのが良いかなと考えます。

より健康確認ができる

スマートウォッチは上述の通り様々な身体のデータを計測でき,結果をまとめることができます。

よってスマホ単体ではできないよりしっかりとした健康管理をすることができます。

スマートウォッチのデメリット

便利な一面の多いスマートウォッチですが当然デメリットもあります。

・充電をする必要がある
・画面が大きくないので視認性が高くない
・通常の腕時計より寿命が短い
・スマホがないと使えない

充電をする必要がある

一般的な腕時計であれば基本的に数年に一回電池を交換するだけで使うことができますが,スマートウォッチは機種にもよりますが短いとほぼ毎日,長くても一か月電池が持てば良いほど電池持ちがよくありません。

ですのでスマートウォッチを充電する必要が出てきます。万が一充電を忘れてしまったらスマートウォッチのほぼすべての機能を使えなくなってしまいます。

画面が大きくないので視認性が高くない

スマートウォッチは腕時計なので基本的に画面はあまり大きくありません。

なので時計として使うには問題ないと思いますがスマホよりも操作性や視認性が高くないというデメリットもあります。

通常の腕時計より寿命が短い

スマートウォッチはバッテリーで動かすのですがバッテリーの充電を繰り返すと必然的にバッテリーの劣化が進んでしまいます。

よってバッテリー持ちが短くなってしまうのであまり長い間スマートウォッチをつかうことができません。

バッテリーが劣化してしまったら交換もしくは買い替えとなってしまいます。

スマホがないと使えない

機種にもよりますが基本的にスマートウォッチはスマホとつないで使わないと真価を発揮することができません。

スマートウォッチが向いている人

先ほど説明したメリットデメリットを踏まえてスマートウォッチが向いている人の特徴を紹介したいと思います。

・スマホと取り出さず電子決済や通知などをみたい方
・徹底管理した健康管理をしたい方

スマホを使わずに電子決済をしたり,通知を確認することができるのがスマートウォッチの便利な機能と言えます。

得に普段電車に乗る機会が多い方はモバイルSuicaに対応しているモデルであればスマートウォッチをかざすだけで改札を出入りすることができますのでとても良いかなと思います。

またスマホだけでは難しいような健康管理アプリや機能もたくさんあります。

以上のようなことがしたいのであればスマートウォッチをもつ意義は十分にあると思います。

おすすめスマートウォッチ

当然ですがスマートウォッチは機種によって機能,できることがことなります。

ですのでもしスマートウォッチが魅力的に感じた方は自分にあった機種を探してみましょう

下におすすめスマートウォッチを掲載しておきます。

Apple Watch Ultra

Apple Watch Ultraは通常よりも比較的バッテリ持ちがよく耐水性が高いモデルになっています。

バッテリーは最大36時間,水深40mまで耐えられる防水性能を備えています。

「Apple Pay」経由でSuicaを利用することもできます。

created by Rinker
¥95,920 (2024/02/24 09:19:17時点 楽天市場調べ-詳細)

Apple Watch SE 第2世代 GPSモデル

Apple Watch SEはほどほどのスペックを備えつつほどほどの価格で購入できるのが魅力のスマートウォッチです。

画面サイズを40,44mmから選ぶことができます。水深50mまで耐えられる防水性能にバッテリーは最大18時間持ちます。

「Apple Pay」経由でSuicaを利用することもできます。

created by Rinker
¥36,000 (2024/02/24 09:19:17時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥41,480 (2024/02/24 09:19:18時点 楽天市場調べ-詳細)

GARMIN(ガーミン) Forerunner 965

Forerunner 965はAMOLEDタッチディスプレイを採用し,トレーニング機能が充実しているGPSランニングスマートウォッチになります。

バッテリー駆動時間が長くスマートウォッチモードなら約23日,GPSモードでは約31時間使うことができます。

おすすめワークアウト機能など健康管理にランニングをサポートする機能もとても充実しています。

Suicaにも対応しております。

created by Rinker
¥84,800 (2024/02/24 09:19:28時点 楽天市場調べ-詳細)

Google Pixel Watch

Google Pixel Watchは,Googleが発売しているスマートウォッチです。

Wear OSというAndroidベースのスマートウォッチ用OSを搭載しておりGoogleサービスとの連携が優れています。

またSuicaをはじめとした電子決済にも対応しております。

Fitbit(フィットビット) Charge 5

Fitbit Charge 5はスタイリッシュなデザインのSuicaに対応しているスマートウォッチになります。

また様々な健康管理機能も充実しています。それでいて比較的安価に購入することができるのも良い点だと思います。.

created by Rinker
¥21,560 (2024/02/24 09:19:28時点 楽天市場調べ-詳細)

Amazfit(アマズフィット) GTR 4

Amazfit GTR 4は高級感あるデザインのスマートウォッチになります。

最新GPS機能を搭載しておりバッテリー駆動時間は通常使用で14日間,最大50日間ととても長いバッテリー性能を実現しています。

Xiaomi Smart Band 7

Xiaomi Smart Band 7は安価に購入することができるスマートバンドになります。

それでいてお高いスマートウォッチの健康管理計測機能はほとんど差がありません。

ですので健康管理メインで使うのがおすすめです。

Xiaomi Smart Band 7/Black

まとめ

今回はスマートウォッチのメリットデメリットについて紹介しました。

メリットデメリットを把握して自分にスマートウォッチが必要かどうかをこの記事を参考に是非検討してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次