格安SIMと大手キャリアはどちらが良いのか?格安SIMはどこがいいのか?おすすめの格安SIMも紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。通信費を抑えたい方は格安SIMを検討しているかと思います。ですが,大手キャリアに比べてどのような違いがあるのかよくわからない方もいるかと思います。

そこで今回は格安SIMと大手キャリアはどちらが良いのか?格安SIMはどこがいいのか?おすすめの格安SIMも紹介したいと思います。

格安SIM、大手キャリアには当然それぞれメリット、デメリットがあるのでそれらをなるべくわかりやすく紹介したいと思います。

大手キャリアのオンラインショップでスマホを予約、購入して手に入れよう!
目次

格安SIMとは?

格安SIMとは名前の通り格安の利用料金で利用できる通信サービスで大手キャリアのサブブランドもしくは大手キャリア以外から提供されているものになります。

大手キャリア以外の会社は回線を主に大手携帯キャリア(au、ソフトバンクなど)からアンテナや基地局などの通信設備を借りて通信費を安く提供できるようにしています。

また格安SIMを提供している会社のことをMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体サービス事業者)ともいいます。

大手キャリアとの違い

大手キャリアとの違いをざっくりまとめたいと思います。

スクロールできます
大手キャリア格安SIM
料金プラン高額なプランがおおい
無制限プランなどもある
価格の安いものまで様々なプランがある
通信速度時間帯によらず高速通信が集中する時間帯は低速になる
実店舗様々なところにあるMVNOによってはほとんどない

おおよそこのような違いがあります。

大手キャリアは回線が高速で無制限や大容量で通信できるプランがありますが、プランは高額なものが多く価格の安い選択肢が少ない傾向にあります。

格安SIMは大小様々なプランがありより自分にあったプランを選択することができるのですが、時間帯やエリアによっては通信が不安定になったり遅くなってしまうことがあります。

また、大手キャリアは代理店の実店舗などで契約することがそれなりにあると思いますが格安SIMは実店舗をあまり持たない傾向があるので実店舗よりもネットで取引することが多いのが特徴になります。

基本的にはオンラインでの手続きのほうが事務手数料など諸費用が掛からないことが多いので大手キャリア、格安SIMによらずにネットで契約することがおすすめになります。

格安SIMのメリットデメリットと注意点

格安SIMのメリットデメリットと注意点を簡単にまとめたいと思います。

メリット

  • 通信費が安い
  • 様々な料金プランの選択肢が存在する
  • 契約期間の縛りがない

格安SIMの大きなメリットは同じデータ容量を使う場合であっても大手キャリアの月額料金よりも価格が安いことにあります。

また格安SIMはMVNOや料金プランがたくさん用意されていますので様々な選択肢により自分にあったプランを選択することができるのもメリットになります。

デメリット

  • 通信速度が遅く不安定なものがある
  • 大容量のプランではあまりお得感がないことがある
  • セットの端末の選択肢が少ないことがある
  • 実店舗がすくない

格安SIMは通信速度が遅く不安定なものがあったり、時間帯によって通信速度が低下するものがあるのがデメリットになります。

MVNOによってはセットで購入できる端末が少なかったり、SIMのみの取り扱いでスマホは別に用意する必要があるMVNOがあります。

また経費を抑えるため実店舗を持っていないことが多く、オンラインで契約することが多いというものがありますので不慣れな方には難しいかと思います。

注意点

  • APNなどの設定が必要なことがある
  • つかうスマホの対応バントを確認する必要がある

格安SIMの種類によってはAPNなどの設定が必要なことがあります。これは公式サイトで紹介されていることが多いのでわからなくなったらそれを参考に作業しましょう。

また後述しますがつかうスマホの対応バントを確認する必要があります。

格安SIMがおすすめの人

メリットデメリットを踏まえて格安SIMがおすすめの人をまとめたいと思います。

  • 通信費を抑えたい方
  • 外ではモバイルデータ通信をあまり使わないでWi-Fiを主に使う方
  • 複数の回線を使いたい方

格安SIMを使いたいと考えている方は通信費を抑えたいと考えている方が多いと思います。データ容量が少ないけどその分安いプランなど料金プランの選択肢が多いので、そのような方には格安SIMはおすすめできます。

またサブ機のスマホやセルラーモデルのタブレットを持つ方であれば、サブの回線として格安SIMを持つこともおすすめだと思います。

大手キャリアがおすすめの人

格安SIMよりも大手キャリアのほうがおすすめの人も紹介したいと思います。

  • 外出中もデータ通信をたくさん行う方
  • たくさんのデータ通信をする方
  • 位置情報ゲームや外出中にゲームをよくする方
  • 通信をいつでも安定して使いたい方

大手キャリアは通信費こそ高いですがその分通信速度や安定性が高いので、外でガンガンデータ通信を使う方は大手キャリアを選択することをおすすめします。

また格安SIMにはあまり大容量のデータ容量が使えるプランがありませんが、大手キャリアには無制限でデータ容量を使えるなど大容量使えるプランがありますのでたくさんのデータ通信をする方は大手キャリアをおすすめします。

スクロールできます

docomo

au

ソフトバンク

楽天モバイル
料金プランeximo
・~1GBまで 4,565円 / 月
・1GB~3GBまで 5,150円 / 月
・3GB~無制限 7,315円 / 月

ahamo
・20GB:2,970円/月
・100GB(大盛りオプション利用):4,950円/月

irumo
・0.5GB 550円 / 月 (4Gのみ)
・3GB 2,167円 / 月
・6GB 2,827円 / 月
・9GB 3,377円 / 月
・使い放題MAX 5G/4G : 無制限 7,238円 / 月
・使い放題MAX 5G with Amazonプライム : 無制限 8,107円 / 月
・使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P): 無制限 8,437円 / 月
・使い放題MAX 5G/4G ドラマ・バラエティパック : 無制限 9,108円 / 月
・使い放題MAX 5G/4G DAZNパック: 無制限 9,768円 / 月
・使い放題MAX 5G ALL STARパック2 : 無制限 10,747円 / 月

・auマネ活プラン 5G/4G : 無制限 6,580円 / 月
・auマネ活プラン 5G with Amazonプライム : 無制限 7,370円 / 月
・auマネ活プラン 5G/4G Netflixパック(P) : 無制限 7,670円 / 月
・auマネ活プラン 5G/4G ドラマ・バラエティパック : 無制限 8,280円 / 月
・auマネ活プラン 5G/4G DAZNパック : 無制限 8,880円 / 月
・auマネ活プラン 5G ALL STARパック2 : 無制限 9,770円 / 月

スマホミニプラン 5G/4G
・1GBまでの利用 3,465円 / 月
・2GBまでの利用 4,150円 / 月
・3GBまでの利用 5,150円 / 月
・4GBまでの利用 5,650円 / 月

・スマホスタートプラン 5G/4G : 20GB 4,103円 / 月
・スマホスタートプランライト 5G/4G : 4GB 2,453円 / 月
・ペイトク無制限 : 無制限 9,625円 / 月
・ペイトク30 : 30GB 7,425円 / 月
・ペイトク50 : 50GB 8,525円 / 月

・メリハリ無制限+ : 無制限 6.750円 / 月

ミニフィットプラン+ : 30GB
・1GBまでの利用 3,278円 / 月
・2GBまでの利用 4,378円 / 月
・3GB以上の利用 5,478円 / 月

スマホデビュープラン+
・4GBライト 12ヶ月1,078円 / 月、14ヶ月以降2,266円 / 月
・20GBベーシック 12ヶ月2,728円 / 月、14ヶ月以降3,916円 / 月
・Rakuten最強プラン(無制限) : 3,278円/月
(20GB以下なら2,178円、3GBまでなら1,078円)
大手キャリアの料金プランの比較(割引適用前)

大手キャリアは割引前はそれなりに高額な通信費ですので、家族割などの割引を駆使して少しでも安くすることをおすすめします。

格安SIMのMVNOの選び方

  • 通信回線を確認する
  • データ容量を確認する
  • 通話オプションを確認する
  • 通信速度を確認する
  • 物理SIMかeSIMかを確認する
  • 支払い方法を確認する

格安SIMを契約する際はまずMVNOを選びましょう。

例えば契約プランやオプションなどMVNOによって様々な違いがあります。

ですので、下記のものを確認しながらより自分にあった格安SIMを探しましょう。

通信回線を確認する

自前でスマホを用意する方は得にMVNOの通信回線を確認することをおすすめします。

回線は自分が使うスマホのバンドをよく見て選ぶことをおすすめします。

スマホの対応バンドによっては最悪通信が繋がらないという事態が起こってしまうことがあります。

スクロールできます
docomo回線au回線ソフトバンク回線楽天モバイル
4GバントB1319、21、28、42B13、11、1826、41、42、B138、11、28、42B31826
5Gバントn78、n79、n257n28、n77、n78、n257n28、n77、n78、n257n77、n257
通信回線ごとの対応バント

4Gは基本的に赤字になっている部分が対応していれば問題ないと考えています。特に赤太字になっている部分はプラチナバンドになりますのでしっかりと確認しましょう。

5Gはn77以降のものに対応しているものを選ぶのがおすすめになります。n257はミリ波というとても高速な5Gなのですが対応エリアが狭く、実用的でないのがデメリットになります。

バンドについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
スマホの対応バンドとは?バンドの特徴や対応バンドの見方,注意点を解説-大手キャリアの対応バンドも紹介 こんにちは。もしキャリアの回線契約とは別でSIMフリー版や海外スマホを用意するときに注意することの一つに対応バンドを確認することがあります。 そこで今回はスマホ...

データ容量を確認する

格安SIMの料金プランの契約プランのデータ容量を確認しましょう。

使えるデータ量が少ないほど安くなりますが、少なすぎると足りなくなってしまうことがあるのでしっかりと選ぶことをおすすめします。

通話オプションを確認する

通話を良くする方は通話オプションを確認しましょう。

5分まで通話無料などのプランもあるので自分に合った通話オプションを確認しましょう。

通信速度を確認する

格安SIMの通信速度は通常時の通信速度だけでなくデータ容量を使い切った際の制限された通信速度も確認することをおすすめします。

参考として使えるサイトがありますので下記にて紹介しますので気になった格安SIMがあればチェックしてみましょう。

参考サイト

みんなのネット回線速度

物理SIMかeSIMかを確認する

回線の契約が終わったら契約情報が保存されているSIMカードというカードをスマホに差す必要があります。

SIMカードには実際にスマホに刺して使う物理SIMとインターネット経由で専用のチップに契約情報を書き込むeSIMというものがあります。

対応しているスマホでないと使えないのですが、開通手続きが終わり次第すぐに使えるようになるのがeSIMのメリットになります。

ですので、eSIMを使いたい方はeSIMの契約があるかどうかを確認しましょう。

2台持ちなどをしていたり、すぐに機種変更をするなどでSIMカードを頻繫に差し替えることがある方は物理SIMがおすすめです。

支払い方法を確認する

格安SIMで利用できる支払い方法は基本的にクレジットカードもしくは口座振替が主流になっています。

クレジットカードのみの支払いのMVNOもそれなりに多いので支払い方法もしっかりと確認しましょう。

おすすめ格安SIM

ahamo

おすすめポイント
  • docomoキャリアのオンライン専用ブランド
  • 20GB+5分まで国内通話無料で2,970円/月

ahamoはdocomoキャリアのオンライン専用ブランドになります。プランは月間20GB、5分まで国内通話無料のプランのみがあります。大盛りオプションを追加すると100GB使うことができます。

海外データ通信も20GBまで無料で使うことができます。またオプションの料金はdocomoと変わりありません。

スクロールできます
格安SIMahamo
通信回線docomo
料金プラン・20GB:2,970円/月
・100GB(大盛りオプション利用):4,950円/月
通信速度(最大)4.2Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)1Mbps
国内通話料5分まで無料
22円/30秒
通話オプションかけ放題オプション +1,100
追加データ購入金額1GB追加 +550
支払い方法口座振替・クレジットカード
dカードの場合+1GB/月
dカード GOLDの場合+5GB/月
公式サイトahamo

LINEMO

おすすめポイント
  • ソフトバンクキャリアのオンライン専用ブランド
  • スマホプラン(20GB)が2,728円/月
  • LINEのデータ消費量ゼロ

LINEMOはソフトバンクキャリアのオンライン専用ブランドになります。プランは3GBのミニプランと20GBのスマホプランがあります。

LINEのトークや、音声通話・ビデオ通話のデータ消費量ゼロという特徴があります。

手続きをすれば、PayPayの残高でも通信費の支払いに使うことができます。

LINEMOではスマホの取り扱いがないので自分でスマホを用意する必要があります。

スクロールできます
  格安SIMLINEMO
通信回線ソフトバンク
料金プラン・ミニプラン(3GB):990円/月
・スマホプラン(20GB):2,728円/月
通信速度(最大)10Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)・ミニプラン (3GB):300kbps
・スマホプラン(20GB):1Mbps
国内通話料22円/30秒
通話オプション通話準定額オプション(5分まで無料) +0円/月(8ヶ月目以降+500円/月)
通話定額オプション +1,100/月(8ヶ月目以降+1,650円/月)
追加データ購入金額1GB追加 +550
支払い方法口座振替・クレジットカード
公式サイトLINEMO

povo

おすすめポイント
  • auのオンライン専用サブブランド
  • 基本月額料金0円
  • 有料トッピングでより自分にあった使いたい方ができる

povoはauのオンライン専用サブブランドの格安SIMになります。

povoの大きな特徴に基本月額料金が0円で、有料トッピングと呼ばれるデータ容量などのオプションを追加しながら使うというものがあります。

これによって使わない時は通信費を払わないでよいなどより自分にあった使い方ができるのが大きなメリットになります。ただし有料トッピングを何も付けないまま180日間以上が経つと自動的に利用停止や解約されてしまうので注意が必要になります。

また期間限定の有料トッピングもあります。

スクロールできます
格安SIMpovo
通信回線docomo
料金プラン・0GB:0円
・1日使い放題:330円/回
・1GB(7日間):390円/回
・3GB(30日間):990円/回
・20GB(30日間):2,700円/回
・60GB(90日間):6,490円/回
・150GB(180日間):12,980円/回
通信速度(最大)10Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)128kbps
国内通話料22円/30秒
通話オプション5分以内通話かけ放題 +550/月
通話かけ放題 +1650/月
追加データ購入金額
支払い方法クレジットカード
公式サイトpovo



楽天モバイル

おすすめポイント
  • Rakuten最強プラン(無制限)で3,278円/月
  • 使用量が少ないと自動で安くなる
  • Rakuten Linkアプリからの通話で通話料無料

楽天モバイルはドコモ回線やau回線を用いたサービスを提供いましたが2019年10月より楽天回線を用いた携帯キャリアサービスを開始しました。

自社での通信回線新たに持ったので格安SIMというよりは大手キャリアに近い存在になりました。

現在はパートナー回線としてau回線をつかっており楽天回線が繋がらない場所ではパートナー回線を使って通信します。(2024年5月末に原則終了予定)

そんな楽天モバイルの料金プランはデータ容量無制限で3,278円/月というシンプルなプランのみ扱っています。

使用量が20GB以下なら2,178円/月、3GBまでなら1,078円/月と自動的に安くなるのでどんな人でも使いやすい格安SIMです。

ただし通信エリアによっては圏外になってしまうことや、パートナー回線使用時は5GBまでの高速通信制限がありますので使用する地域での対応エリアについてはしっかりと確認しましょう。

また専用アプリで通話を使うことで国内通話無料で使うことができます。

スクロールできます
格安SIM楽天モバイル
通信回線楽天、au(パートナー回線)
料金プラン・Rakuten最強プラン(無制限) : 3,278円/月
(20GB以下なら2,178円、3GBまでなら1,078円)
通信速度(最大)2.8Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)1Mbps(パートナー回線)
128kbps(海外ローミング)
国内通話料22円/30秒
通話オプション15分以内通話かけ放題 +1100/月
追加データ購入金額1GB追加 +1,078
1GB追加 +500(海外ローミング)
支払い方法口座振替・クレジットカード・楽天ポイント
公式サイト楽天モバイル



IIJmio

おすすめポイント
  • 20GBが2,000円/月
  • 取り扱っているスマホが豊富
  • お得なキャンペーンが定期的に開催される

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、インターネットイニシアティブ(IIJ)が運営する格安SIMです。

通信回線はドコモ回線とau回線を使うことができます。ブランは2GB・5GB・10GB・15GB・30GBの2回線合わせて10種類の中から選ぶことができます。

IIJmioは自社で取り扱っているAndroidスマホの量が多いのも特徴となります。

またキャンペーンも度々開催しているので、それを利用してお得に乗り換えをしたりスマホを手に入れることができます。

スクロールできます
格安SIMIIJmio
通信回線docomo、au回線
料金プラン・2GB:850円/月 、eSIM 550円/月
・5GB:990円/月 、eSIM 690円/月
・10GB:1,500円/月 、eSIM 1,200円/月
・15GB:1,800円/月 、eSIM 1,500円/月
・20GB:2,000円/月 、eSIM 1,700円/月
通信速度(最大)1Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)300kbps
国内通話料11円/30秒
通話オプション通話定額5分 : 500円/月
通話定額10分 : 700円/月
かけ放題 : 1,400円/月
追加データ購入金額1GB +220円(ギガプラン)
100MB +220円
支払い方法クレジットカード
公式サイトIIJmio



日本通信

おすすめポイント
  • 30GBで2,178円/月

日本通信は、東京都港区に本社を置くワイヤレスデータ通信事業を行うMVNOです。

日本通信SIMはドコモ回線を利用しています。 プランは1GB・10GB・20GB・3GB+かけ放題オプション付きのプランがあり、10GB・30GBのプランには70分の無料通話も付いています。

エリアや時間帯によっては使いにくくなることはあるかと思いますが他の格安SIMと比べて30GB2,178円/月月70分まで通話料無料と他の格安SIMより安くなっているのが大きなメリットになっております。

スクロールできます
格安SIM日本通信
通信回線docomo
料金プラン・1GB:290円/月
・10GB+月70分まで通話料無料:1,390円/月
・30GB+月70分まで通話料無料:2,178円/月
・3GB+かけ放題オプション付き:2728円/月
通信速度(最大)1.7Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)非公開
国内通話料11円/30秒
通話オプション70分無料通話 : 700円/月
かけ放題 : 1,600円/月(30GBプランは1,200円/月)
追加データ購入金額1GB追加 +220円(Wスマート +275円)
支払い方法クレジットカード
公式サイト日本通信

おすすめ格安SIMの比較

では紹介したおすすめ格安SIMの特徴を抜粋したものを表にまとめましたので比較してみましょう。

スクロールできます
格安SIMahamoLINEMOpovo楽天モバイルIIJmio日本通信
通信回線docomoソフトバンクau楽天、au(パートナー回線)docomo、au回線docomo回線
料金プラン(税込み)・20GB:2,970円/月
・100GB(大盛りオプション利用):4,950円/月
・ミニプラン(3GB):990円/月
・スマホプラン(20GB):2,728円/月
・0GB:0円
・1日使い放題:330円/回
・1GB(7日間):390円/回
・3GB(30日間):990円/回
・20GB(30日間):2,700円/回
・60GB(90日間):6,490円/回
・150GB(180日間):12,980円/回
・Rakuten最強プラン(無制限) : 3,278円/月
(20GB以下なら2,178円、3GBまでなら1,078円)
・2GB:850円/月 、eSIM 550円/月
・5GB:990円/月 、eSIM 690円/月
・10GB:1,500円/月 、eSIM 1,200円/月
・15GB:1,800円/月 、eSIM 1,500円/月
・20GB:2,000円/月 、eSIM 1,700円/月
・1GB:290円/月
・10GB+月70分まで通話料無料:1,390円/月
・30GB+月70分まで通話料無料:2,178円/月
・3GB+かけ放題オプション付き:2728円/月
通信速度(最大)4.2Gbps10Gbps10Gbps2.8Gbps1Gbps1.7Gbps
通信速度(データ量超過後制限時)1Mbps・ミニプラン (3GB):300kbps
・スマホプラン(20GB):1Mbps
128kbps1Mbps(パートナー回線)
128kbps(海外ローミング)
300kbps非公開
国内通話料5分まで無料
22円/30秒
22円/30秒
22円/30秒
22円/30秒11円/30秒11円/30秒
通話オプションかけ放題オプション +1,100/月通話準定額オプション(5分まで無料) +0円/月(8ヶ月目以降+500円/月)
通話定額オプション +1,100/月(8ヶ月目以降+1,650円/月)
5分以内通話かけ放題 +550/月
通話かけ放題 +1650/月
15分以内通話かけ放題 +1100/月通話定額5分 : 500円/月
通話定額10分 : 700円/月
かけ放題 : 1,400円/月
70分無料通話 : 700円/月
かけ放題 : 1,600円/月(30GBプランは1,200円/月)
追加データ購入金額1GB追加 +5501GB追加 +5501GB追加 +1,078
1GB追加 +500(海外ローミング)
1GB +220円(ギガプラン)
100MB +220円
1GB追加 +220円(Wスマート +275円)
支払い方法口座振替・クレジットカード
dカードの場合+1GB/月
dカード GOLDの場合+5GB/月
口座振替・クレジットカードクレジットカード口座振替・クレジットカード・楽天ポイントクレジットカードクレジットカード
公式サイトahamoLINEMOpovo楽天モバイルIIJmio日本通信

まとめ

今回は格安SIMと大手キャリアはどちらが良いのか?格安SIMはどこがいいのか?おすすめの格安SIMも紹介しました。

メリット・デメリットを踏まえてより自分にあった通信環境を手に入れましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次