スマホケースは必要なのか?スマホのケースの種類の紹介とおすすめの選び方も紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。スマホを使用するときにケースを装着して使う人はたくさんいるかと思います。

ですがそもそもスマホにケースをつける必要があるのでしょうか?

そこで今回はスマホのケースの種類の紹介とおすすめの選び方を紹介したいと思います。

目次

スマホケースは必要?

そもそもスマホケースは必要なのでしょうか?

結論から言うと自分はスマホにケースは必要だと考えています。

なぜならスマホにケースを付けることでスマホをよりおしゃれにできるだけでなく,傷や衝撃による故障から守ることができます。

ケースをつけてスマホを傷や故障から守ることで高額な修理費用を回避したり,売却するときの価格を少しでも高くすることができるからです。

特に最近はスマホを買い替えるときにスマホをフリマサイトなどで売却する人もたくさんいると思います。

スマホに傷や故障があると当然ですが売るときの価格が下がってしまいますので,スマホを保護できるケースはつける必要があると考えています。

スマホのケースには様々な種類があると思いますのでこれからどのような種類のケースがあるかを紹介していきたいと思います。

ケースの種類

ケースの種類は主に下記のような種類分けができます。

ソフトケース

ソフトケースはシリコンや柔らかいプラスチックの様な素材を用いることで衝撃を吸収するケースです。

素材が柔らかいものを使って作られているのでケースを着脱しやすく,スマホの高い保護性能が魅力になります。

デメリットとして長期間使うと変色してまうことがあるというものがあります。

ハードケース

ハードケースは名前の通りかたい素材で出来ているケースになります。

硬い材質を使って作られているスマホケースで軽く薄く,様々なデザインのケースがあることが魅力になります。

デメリットとしてケースが硬いので衝撃でケースが割れてしまいやすかったり,脱着するのが少し大変というものがあります。

手帳型ケース

手帳型ケースは見開きできるカバーを備えているケースになります。

画面側もカバーに覆われるので高い保護力に,カードなどを収納するスペースがあるのが魅力のケースになります。

デメリットはスマホを使う際にカバーをどけながら使わなければいけないので煩わしさがある点にあります。

ケースの素材の種類

ケースには様々な素材が使われています。素材を一つまたは複数の素材が組み合わさってスマホケースが作られています。

それぞれ様々な特徴がありますので紹介したいと思います。

ポリカーボネート

ポリカーボネート(PC)は主にハードケースに使われるプラスチック素材の一つです。

耐久性が高く加工がしやすいので様々なデザインのスマホケースが販売されています。

ただし耐薬性能が低くアルコールなどを使うと劣化してしまうのがデメリットとなります。

TPU

TPUはプラスチック素材の一つのポリウレタンを使って作られているものになります。

耐久性が高く傷がつきにくいのがメリットとなります。また軽量なのでケースの存在感を感じにくいのが一番のメリットとなります。

シリコン

シリコンは主にソフトケースで使われるシリコン樹脂の柔らかい素材になります。

しなやかで弾力性が高い特徴があり,滑りにくいというメリットがあります。

デメリットとして埃や汚れがつきやすかったり,脱着がしやすい反面長期間使うとケースが外れやすくなるというデメリットがあります。

アラミド繊維

アラミド繊維は主にハードケースで使われている芳香族ポリアミド系樹脂の硬い素材になります。

軽くて薄く,傷が付きにくくケースの見た目がカーボン調のものになっているので見た目がスタイリッシュという点がメリットとなります。

デメリットは価格が高価なものが多く耐衝撃性が低いというものがあります。

レザー

レザーは財布や鞄など様々な製品に使われている革の素材です。動物の皮を使った本革(レザー),人工的に作られた合皮があります。

本革は価格が高価でケースと考えると重いというデメリットがありますがしっとりとした質感に手触りがよく,見た目にも高級感があるのが魅力になります。

また合皮は水に強く本革に比べて軽いというメリットがありますが耐久性が本革に比べて低く長期間使うと加水分解されてしまいます。

おすすめの選び方

以上のようにスマホケースには様々な種類のものがあります。

ですので紹介した形状や素材からメリットデメリットを把握して自分の好みにあったケースを購入することをおすすめします。

またスマホケースにはいくつか有名なメーカーがありますのでそのメーカーのデザインや機能が気に入ったらそれを選ぶのもありだと思います。

有名メーカーの例

PITAKAiFaceSpigen

まとめ

今回はスマホのケースの種類の紹介とおすすめの選び方を紹介しました。

安いケースでもとりあえずつけておけば裸の状態よりもスマホが保護されるので是非スマホにケースをつけることを検討してみましょう。

もしどうしてもスマホを裸で使いたい人はスマホ保険に入ることをお勧めします。

スマホ保険について詳しくはこちら

あわせて読みたい
スマホの保険は本当に必要なのか?スマホの保険はほとんどの人にいらないと思う理由を解説 こんにちは。スマホには故障したり盗難にあったときに修理費などを保証してくれる保険があります。このようなスマホの保険は入る必要があるのでしょうか? 結論から申し...

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次