iPhoneとはなにか?メリットデメリットとデメリットしかなく不便なのかについて解説

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。皆さんスマホは使っているかと思います。

現在普及しているスマホはiPhoneかAndroidというほぼ二択となっているかと思いますのでどちらかのスマホを使っているのではないかと思います。

Androidしか使ったことがない方はiPhoneがどのようなスマホかわからない人がいるかもしれません。

そこで今回はiPhoneとはなにか?メリットデメリットとデメリットしかないのかについて解説したいと思います。

目次

iPhoneとは?

iPhoneとは何かについて簡単に紹介したいと思います。

iPhoneとはApple(アップル)社が開発,製造,販売しているスマートフォンになります。

AndroidのスマホはGoogleが公開しているAndroid OSを使用してしていますが,iPhoneはOSもiOSという自社開発のOSを使用しています。

created by Rinker
¥248,000 (2024/02/24 01:12:10時点 楽天市場調べ-詳細)

iPhoneはデメリットしかないのか?

iPhoneについて調べていると,iPhone デメリットしかないといった具合の不穏な検索候補が出てきます。

果たして本当にデメリットしかないのでしょうか?

結論から言うとAndroidよりiPhoneはシンプルな設計なので,カスタマイズ性が低いのでそのように感じてしまうのかもしれません。

またAndroid端末は種類が豊富でより自分に合ったスマホを探しやすいので相対的に選択肢の狭いiPhoneが使いづらく,デメリットしかないと感じるのかもしれません。

当然,iPhoneにもメリットはありますので下記にてメリット,デメリットをまとめたいと思います。

iPhoneのメリット

使用者が多い

データ移行がしやすい

アクセサリー,ケースやフィルムが多い

アップデート期間が長い

アニメーションにこだわっている

使用者が多い

iPhoneの最大の魅力と言って良いのは,日本において使用者がとても多いことにあります。

シンプルでできることが少ないからこそ,逆に操作で困ることが少ないので初心者を中心に使う人が多いのではないかと考えています。

iPhoneを使っている人が多いので,何かしら操作でわからないことがあれば,周りの人々に聞くことができ,独自機能であるAirDropというデータを共有できる機能を使いやすい環境にあります

スマホ使いのペンギン

Androidにもニアバイシェアって似た機能があるんだけどAndroid同士じゃないとできないからなかなか使う機会ないんだよね…

データ移行がしやすい

iPhoneは機種変時などに行うデータ移行が簡単に出来るところもメリットとなります。

新旧2つのiPhoneを用意して,少しの作業をするだけでほとんどのデータを移行することができるので手軽にデータを移行することができます。

アクセサリー,ケースやフィルムが多い

使用者が多いことに通じますが,その影響でiPhoneはアクセサリーがとても豊富にあります。

中でもケースやフィルムの種類が多いので,より自分に合ったケースやフィルムを選ぶことができます。

アップデート期間が長い

iPhoneのOSアップデートはとても長い傾向にあります。

平均してだいたい販売してから約5年ほどはOSのアップデートが配信されています。

またセキュリティアップデートはそれとは別に数年サポートされることも多いです。

ですので,古いiPhoneをサブ機などで使うときにあまり不便をしません。

アニメーションにこだわっている

iPhoneのOSのiOSはとてもアニメーションにこだわっています。

とくにiPhone 14 Proから搭載されたDynamic Island(ダイナミックアイランド)は,対応しているアプリによって様々なアニメーションを楽しむことができます。

iPhoneのデメリット

性能を考えると本体価格が高い

ホーム画面のカスタマイズに制約がある

指紋認証と顔認証が同時に使えるモデルがない

マルチウィンドウが使えない

キーボードの使い勝手が少し良くない

戻るボタンがない

純正アクセサリーが高い

おサイフケータイに対応している数が少ない

microSDカードが使えない

アプリケーションをまとめて終了できない

Lightning端子を搭載している機種は不便

BluetoothコーデックがAACまでしか対応していない

充電速度がAndroidハイエンド端末と比べて遅い

顔認証でロック解除後もロック画面に居座る

Androidハイエンド端末と比べて発熱が大きい

性能を考えると本体価格が高い

iPhoneは廉価モデルでもAndroid端末と比べてそれなりに値が張ります

ですので性能を考えると本体価格が高い傾向があると考えています。

ホーム画面のカスタマイズに制約がある

気分転換などでホーム画面をいじりたいなとおもうことは,スマホをつかっている上で何度もあると思います。

iPhoneはアップデートでウィジェット機能が使えるようになってカスタマイズ性が向上したのは良いのですが,アプリの配置がAndroid端末と違って何故か詰めて置かれてしまいます。

なのでまだまだホーム画面のカスタマイズは制約があり,不自由を感じると考えています。

指紋認証と顔認証が同時に使えるモデルがない

スマホの顔認証,指紋認証はそれぞれにメリットデメリットがありますので,両方搭載されていれば使い分けることができてとても便利です。

ですが,iPhoneには指紋認証と顔認証が同時に使えるモデルが存在しません。

なくて困ることがあっても,あって困ることはないので,指紋認証と顔認証が同時に使えるモデルが欲しいところです。

マルチウィンドウが使えない

iPhoneはAndroid端末のようなマルチウィンドウ機能が使えません。

いわゆる分割画面や,フローティングウィンドウが使えないのです。これが使えないとスマホでマルチタスクをする際に困ります。

個人的にはそこまで頻繫に使う機能ではありませんが,スマホゲームしながらブラウジングやyoutubeを見れるのが便利で使うときは使う機能なのでないと不便に感じます。

iPadにはマルチウィンドウ機能があるのでiPhoneにも欲しいところです。

キーボードの使い勝手が少し良くない

iPhoneの純正キーボードはAndroid端末と比べて少し不便に感じます。

具体的にはAndroidスマホのキーボードには◁のようなボタンがあり,これで一文字前に戻ったり進んだりすることができるので,それがないiPhoneのキーボードはすこし使いにくいかなと感じます。

戻るボタン(ジェスチャー操作)がない

iPhoneにはブラウザには戻るジェスチャーはありますが,どのアプリでも使える戻るジェスチャーはないので,少し不便に感じると思います。

また,ブラウザの戻るジェスチャーも画面左側にあり個人的には使いにくいかなと感じます。

純正アクセサリーが高い

iPhoneには様々な純正アクセサリーがありますがどれも非純正のものよりも割高な傾向があります。

ですが幸いサードパーティー製のアクセサリ-は様々ありますので,それで代用することはできます。

おサイフケータイに対応している数が少ない

iPhoneはよく使われるほとんどの電子マネーを使うことができますが,マイナーなものだとまだ対応していないものもあります。

microSDカードが使えない

iPhoneはどのモデルもmicroSDカードが使えません。

Android端末でも最近は使えない機種が増えてきていますが,microSDカードが使える機種もあるので選択肢があります。

アプリケーションをまとめて終了できない

iPhoneはバックグラウンドで動いているアプリをまとめて終了することができません。

Android端末は機種によりますが基本的に今動いているアプリを×ボタンなどで一気に消すことができます。

iPhoneは一つ一つを確実にタスクキルしなければならないので煩わしさを感じます。

Lightning端子を搭載している機種は不便

最新モデルのiPhone 15シリーズは初のUSB-Cを搭載している機種が出ましたが,それ以前の機種はLightning端子を搭載しています。

Lightning端子を使うのはiPhoneだけなので,余計なケーブルが増えてしまい管理が大変になってしまいます。

BluetoothコーデックがAACまでしか対応していない

iPhoneはBluetoothコーデックがAACまでしか対応していません。

Bluetoothイヤホンなどは音声のデータをスマホから機器に送信する際に一度圧縮してデータを転送します。このときのデータの圧縮の方式のことをBluetoothコーデックといいます。

このBluetoothコーデックの違いによって音質や遅延に影響を及ぼします。

簡単にまとめて言うとiPhoneはあまり性能のたかいコーデックを使うことができないので,iPhoneでBluetoothイヤホンを使う時にはより低遅延で音質のよいイヤホンの性能をだしきることができません。

Bluetoothコーデックや音質のいいスマホについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
音質の良いスマホを選ぶ方法とは?音の良いスマホの選び方を内蔵スピーカーとイヤホンなどに繋いだとき... こんにちは。スマホで音楽や動画を楽しむときに音質はある程度大事な要素になってくると思います。 しかしスマホの音質は果たしてどのような機能が備わっていれば良くな...

充電速度がAndroidハイエンド端末と比べて遅い

最新モデルのAndroid端末は120Wの高速充電で約17分程で充電が完了するようなとても速い充電に対応しているものも珍しくなくなってきています。

これだけ充電速度が速いと出先などでスマホの充電がなくなってしまったときに直ぐに充電を行うことができるのでとても便利です。

ですが,iPhoneはそれと比べてしまうと充電速度が遅い傾向にあります。

iPhoneはバッテリー持ちが良いモデルが多いのがいい点になりますが,充電速度が遅いのでいざ充電がなくなってしまった際になかなか充電が終わらず,不便に感じます。

顔認証でロック解除後もロック画面に居座る

顔認証(Face ID)を採用しているiPhoneは認証が完了してもホーム画面にいかないで,ロック画面に居座ってしまいます。

ホーム画面に行くためには一度画面下部をスワイプする必要があるので,それがとても使いにくいです。

ロック画面に居座るのは通知を確認するのに便利かもしれませんが,個人的にはホーム画面に行ってほしい場面の方が多いので設定で選択できるようにしてほしいです。

Androidハイエンド端末と比べて発熱が大きい

Android端末のハイエンドモデルは高性能なSoCを最大限発揮するためにベイパーチャンバーなどといった冷却機構が備わっていることが多いのですが,iPhoneはそのような機構がないので発熱を抑えきることができません。

ですので,ゲーム中などにiPhoneはとても発熱してしまいます。

まとめ

今回はiPhoneとはなにか?メリットデメリットとデメリットしかないのかについて解説しました。

iPhoneとAndroidどちらが良いかは人によってかなり変わってくるので,メリットデメリットをよく把握してスマホを選ぶことをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次