スマートフォンの バッテリーが劣化してきたときの対処法

スマートフォンのバッテリーが劣化してきたときの対処法

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。スマホを使ってると バッテリ ーは必ず劣化していきます。

一般的に、リチウムイオン電池は300回~500回の充電を行うと寿命が来ると言われています。

しかしこの目安はこれは0-100%までの充電を一回とみなしているので実際はものですのでもう少し長くなります。

バッテリーが劣化するとスマホにいくつかの影響を与えます。

そこで今回はスマートフォンの バッテリー が劣化してきたときの対処法を紹介したいと思います。

目次

バッテリーが劣化したら起こること

スマホが劣化すると以下のことが起こると考えられます。

容量が減ってしまう

バッテリーは劣化すると新品のときよりも容量が減っていきます。

一般的に、リチウムイオン電池は300回の充電で約7~8割、500回の充電で5~7割程度の容量に劣化してしまうといわれています。

バッテリーが膨張する

リチウムイオン電池は劣化していると,電解質がガスになっていき,バッテリーが

膨らみます。そのままの状態で使うのは,いつスマホが動かなくなってもおかしくないですし,危険ですのではやめの対処をしましょう。

バッテリーが劣化したの対処法

バッテリーを交換する

 バッテリーはスマートフォンの修理業者などに依頼すれば,交換することができます。

バッテリーの調子に違和感を感じたら交換の依頼を検討しましょう。

新しいスマホに買い替える

お金はかかりますが,新しいスマホに乗りかえも検討することをおすすめします。

まとめ

今回はバッテリーが劣化したの対処法を紹介しました。

バッテリーの劣化はスマートフォンのパフォーマンス低下に直結するので早めの対処をしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次