Androidスマホの画面内指紋認証は使いにくいの?他の指紋認証や顔認証と比較しながら考える

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。

最近のAndroidスマホには、画面内指紋という認識機構を備えているスマホが多く販売されています。

指紋認証自体は様々な形式でスマホに搭載されている事が多いですが、画面内指紋認証はどの程度使いやすい指紋認証か気になり考えたことがあるかと思います。

結論から言うと筆者は画面内指紋は指紋認証の中では一番使いやすい認証方法で、顔認証と一緒に搭載して欲しいものであると考えています。

その理由を画面内指紋のメリットデメリットや他の指紋認証や顔認証について触れながら紹介していきたいと思います。

目次

画面内指紋について

まず画面内指紋認証について簡単に紹介したいと思います。

画面内指紋とはスマホのロックを解除したりする生体認証の仕組みのうちの一つで、名前の通り画面内に指紋認証をするための機構を備えています。

画面内指紋認証には光学式と超音波式で認証するものがあります。それぞれ名前の通り光や超音波を使って指紋認証をすることができます。

画面内指紋のメリット・デメリット

そんな画面内指紋認証のメリットデメリットを簡単にまとめたいと思います。

メリット

  • ベゼルを狭くすることができる
  • 顔が隠れている場合でも認証することができる
  • スリープ中でも指先を置くだけで認証することができる

ベゼルを狭くすることができる

画面内指紋認証の一番のメリットは何といってもディスプレイを全画面にすることができることにあると思います。

例えばベゼルに指紋認証センサーが搭載されていることがありますが、そうしてしまうとどうしてもその部分にベゼルが残ってしまい少しディスプレイに縁が存在してしまいます。

ですが、ディスプレイ内に指紋認証センサーを搭載する画面内指紋認証であれば画面下部にベゼルを設ける必要がないので全画面を楽しみながら前面で指紋認証をすることができます。

顔が隠れている場合でも認証することができる

画面内指紋認証であれば顔が隠れているなど何らかの要因で顔認証が使えないときに認証をすることができます。

スリープ中でも指先を置くだけで認証することができる

画面内指紋認証はスマホを画面OFFからの状態でも指をあてるだけでロックを解除することができるので、いちいち電源ボタンを触らなくてもスマホを開けることができます。

デメリット

  • 指が乾燥していたり逆に濡れていると反応が鈍くなる
  • フィルムによっては認証ができなくなる

指が乾燥していたり逆に濡れていると反応が鈍くなる

画面内指紋認証の大きなデメリットは認証精度が物理的にセンサーに触れて認証する静電容量式よりも劣ってしまうことが多いです。

その影響で指が乾燥していたり、逆に濡れていると指紋認証が反応しにくくなるというデメリットがあります。

フィルムによっては認証ができなくなる

画面内指紋認証指紋認証は、スマホ画面で直接行う前提で作られていてガラスやフィルムを一枚挟んで認証するようにはなっていません。

ですので、一部の画面内指紋認証に対応していないフィルム特にガラスフィルムを貼ってしまうと画面内指紋認証認証がうまくいかなくなってしまいます。

スマホ使いのペンギン

どうしても画面内指紋認証が上手くいかないときは同じ指の指紋を複数登録すると上手くいくことがあるよ

他の指紋認証との違い

もちろん画面内指紋認証以外にも別の場所に搭載されている指紋認証もありますので簡単に紹介し、違いをまとめたいと思います。

共通のメリットとしてセンサーの精度が画面内指紋認証よりも良いという事が挙げられます。

側面指紋認証

側面指紋認証は大体の場合電源ボタンと一体化していることが多いです。

そんな側面指紋認証ですがメリットとして右手で持った際に自然に指先をセンサーにあてる事ができるというものがあります。

ですが、デメリットとして逆に画面内指紋認証と比べると左手で認証がしにくいというものがあります。

基本的にセンサーが画面側面の右側に搭載されているので右手で解除するにはなんの問題もないのですが左手でスマホを持つ場合には反対側のセンサーを触る必要があり少し認証がしづらいのです。

背面指紋認証

今ではあまり見かけることはなくなりましたが背面指紋認証は画面の裏側に指紋センサーが搭載されています。

メリットとしては持った際に自然にセンサーに指先をあてる事ができるというものがあります。

デメリットとして机などにスマホを置いた際に置いたまま指紋認証ができないというものがあります。

また厚みのあるケースによっては指紋認証しづらいという欠点もあります。

画面下部指紋認証

こちらも今ではあまり見かけなくなりましたが画面の下部のベゼルに指紋認証センサーが搭載されているスマホも存在します。

例えばiPhoneで言うところのSEシリーズのホームボタンに指紋認証センサーがついているようなものになります。

created by Rinker
¥60,300 (2024/04/21 07:33:15時点 楽天市場調べ-詳細)

デメリットとしてはセンサーを搭載するためにベゼルを設ける必要があります。

顔認証との違い

iPhoneやAndroidスマホの中には顔認証を行うことができる機種も存在します。

顔認証には赤外線センサーを使い立体的に認証をする3D顔認証と二次元的に認証をする2D顔認証があります。

顔に向けるだけで認証ができるので使うことができれば便利ですが当然下記のようなデメリットも存在します。

  • スマホの角度によっては認証ができない
  • マスクなどで顔が隠れていると認証できないことがある
  • 暗い場所で認証できない(2D)

顔認証は当然ですが顔が隠れてしまったら認証をすることができません。

例えばマスクなどをしていたりして顔が隠れていると認証が通らないことがあります。

またスマホをある程度正面に向けないと認証をすることができないので例えば机に置いてあるスマホのロックを顔認証で解除しようと思うと一度持ち上げたり、スマホにいちいち顔を向ける必要が出てきます。

画面内指紋は使いにくいのか?

以上のことを踏まえて画面内指紋認証をまとめたいと思います。

画面内指紋認証の利点をまとめると

  • 指紋認証の中で一番使いやすい
  • ディスプレイのベゼルを狭くすることができる。
  • 顔が隠れて顔認証が通らなくても使える

と考えています。

認証精度の問題があるとは言え前面に指紋認証が搭載されていればどちらの手でスマホを持っていても認証がしやすく、スマホを置いていたりポケットなどから取り出したりするときにさっと認証することができるところが使いやすいと思います。

また画面のベゼル部分などにセンサーが画面以外の箇所に搭載されているスマホよりも画面内指紋認証搭載のスマホはセンサーが見えずにスタイリッシュになるところも利点になると思います。

また顔認証と比べて指をスマホにあてるだけで良いのでストレスを感じずに認証を行う事ができるのも良い点になると思います。

ですがデメリットとして

  • ガラスフィルムなど一部のフィルムを貼ると認証できなくなる
  • 指が乾燥していたり逆に濡れていると反応が鈍くなる

というものもあり、特にガラスフィルムを貼れなかったり、特定の条件で認証がなかなか通らなかったりすることはかなり不便に感じでしまいます。

そのような場合は顔認証にも対応しているスマホであれば顔認証を使うほうが無難なのかもしれません。

総合的に考えれば画面内指紋認証は指紋認証の中では使いやすいものであると考えてます。ですが、デメリットもそれなりにありますので、もう一つよく使われている顔認証も一緒にスマホに搭載されていることが望ましいと考えています。

まとめ

顔認証と画面内指紋認証にはそれぞれメリットデメリットがあるので、どちらも搭載しているスマホであれば、ロック解除に関して悩む必要のないスマホになると考えています。

ですので、筆者のおすすめは画面内指紋認証と顔認証を搭載しているスマホを購入することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次