スマホの保険は本当に必要なのか?スマホの保険はほとんどの人にいらないと思う理由を解説

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しております。

PR-キャンペーン期間中のIIJmioへの乗り換えで人気スマホが110円~!

こんにちは。スマホには故障したり盗難にあったときに修理費などを保証してくれる保険があります。このようなスマホの保険は入る必要があるのでしょうか?

結論から申し上げますとスマホ保険はほとんどの人にとって不要だと自分は考えます。

どうしてそう考えるかこれから解説したいと思います。

目次

スマホの保険とは

そもそもスマホの保険とは画面割れや水没でスマホが故障たりスマホを紛失してしまった際に修理費用などを出してくれる保険になります。

スマホが万が一壊れてしまったときは高額な修理費用がかかってしまうことがあるため月額500円~ほどから入ることのできるスマホ保険に入っておけば修理費用を安くすることができるといったものがスマホの保険になります。

スマホの保険が不要だと考える理由

ではなぜスマホの保険に入る必要がないと思うか理由を紹介したいと思います。

紛失はGPSアプリで対応できる

スマホにはiOSAndroidどちらもスマホをGPSで探すことのできる機能があります。

これを使えばスマホの紛失しても見つけることはそこまで難しくないと考えます。

そもそも近年のスマホはかなり頑丈

一昔前のスマホのイメージのお持ちの方はスマホはよく壊れるなんてイメージがあると思います。

ですが今の新しいスマホは以下の理由で昔のものに比べると壊れにくくなっています。

近年のスマホは頑丈になりつつある

昨今スマホのディスプレイにはGorilla Glassという特殊ガラスが採用されているスマホが多くありそれは従来のディスプレイよりも更に割れにくくなってます。

なかでも最新のGorilla Glass Victus2は実験でコンクリートを模した表面に最大1mの高さからGorilla Glass Victus2を落下させても破損せずアスファルトを模した表面へは最大2m高さからの落下耐性試験でも破損を免れるという耐久性を実現しています。

そしてその規格も年々進化して更に割れにくいディスプレイがどんどん採用されています。

そのおかげでより高耐久でスマホが割れて破損しにくくなっていると言えると思います。

高耐久なフィルムやケースが販売されている

スマホ自体の耐久性も上がってますがそれにさらに高耐久なフィルムやケースも販売されておりこれらを装着するとさらにスマホの破損のリスクが軽減されます。

総合的に考えると元をとることか難しい

保険料は当たり前ですが毎月払うものになります。

修理費用は場合によっては高額になりますが,不運の事故がなければかかりません。

保険会社は利益を目的に運営してるので,基本的に故障をしなければ保険に入ると損をするということになります。

例えば自動車保険のようないつ事故を起こしてもおかしくないのに事故したときに高額の支払いが対応できないのであれば保険に入る必要はあると思います。

しかし前述の通り耐久性が上がり壊れづらくなり滅多にスマホの破損は起こらなくなった上に自動車事故のようなとてつもない超高額な請求ではなくどんなに高くても10万円前後ほどのスマホの保険に入るのはあまり良い選択には思えないと考えています。

恐らくほとんどの人は運悪くスマホが故障してしまった際の修理費や買い替えの費用を捻出できるので入らない人が多いのかなと思います。

それでもスマホの保険が必要な人

これまでスマホの保険は必要ないと解説しましたが,これから紹介する一部の人にはスマホの保険に入ったほうがいいかもしれません。

・スマホの壊す頻度が高い人

・ケースやフィルムをつけずに使いたい人

・預金などが少ない人

順番に解説したいと思います。

スマホを壊す頻度が高い人

過酷な環境で使う人やお子さんなどスマホを粗雑に使う人がいる環境で使う人はスマホが壊れる頻度が高いかと思われます。

そのような方には保険を使って治す機会が多いと思いますので,結果的にお得になることもあると思います。

また,過酷でスマホが壊れやすい環境で使う人にはタフネススマホを使うこともオオスメします。

タフネススマホについてはこちら

あわせて読みたい
タフネススマホの特徴とメリットデメリットを解説 こんにちは。スマホを探しているときもしかしたらタフネススマホという言葉を聞いたことがあるかもしれません。 過酷な工場などで働く方や,サイクリングや登山,釣りなど...

スマホケースやフィルムを使いたくない方

最新のスマホは薄く軽くなってきています。

ゆえに分厚くなったり重くなったりするのが嫌でケースやフィルムをつけたくないという層は一定数いると思います。

ケース,フィルムで守られていないと当然その分故障のリスクは上がってしまうのでそういう方はケース,フィルム代だと思って保険に入ることも検討しましょう。

預金などが少ない人

貯金などが少なくすぐに修理費や買い替えるお金を工面できない人は保険に入ることをすすめます。

スマホがすぐに直せないとものすごく困ることになると思いますので修理費用などをすぐ出すことができない人はけちらないで保険に入ったほうが無難かと思います。

まとめ

今回はどうしてスマホの保険にはらないほうが良いかを紹介しました。

理由なく保険に入ると結果的にお金を無駄にしてしまう可能性がありますのでしっかりと保険費用と不慮の事故でのスマホの修理費用などを比べて自分に保険が必要かを検討しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次